ジョヴァンナ・ディ・サヴォイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イオアンナ・サヴォイスカ
Йоанна Савойска
サヴォイア家
BASA-3K-15-637-1-Giovanna of Italy, 1937.jpeg
称号 ブルガリア王妃
全名 Giovannna Elisabetta Antonia Romana Maria
ジョヴァンナ・エリザベッタ・アントーニア・ロマーナ・マリーア
出生 1907年11月13日
イタリア王国の旗 イタリア王国ローマ
死去 2000年2月26日(満92歳没)
ポルトガルの旗 ポルトガルエストリル
埋葬 イタリアの旗 イタリアアッシジ、聖フランチェスコ大聖堂
配偶者 ボリス3世
子女 マリヤ・ルイザ
シメオン2世
父親 ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世
母親 エレナ・デル・モンテネグロ
テンプレートを表示

ジョヴァンナ・ディ・サヴォイアイタリア語: Giovannna di Savoia, 1907年11月13日 - 2000年2月26日)は、ブルガリアボリス3世の妃(ツァリーツァ)。ブルガリア語ではイオアンナ(またはヨアンナ・サヴォイスカЙоанна Савойска / Ioanna Savoiska)と呼ばれた。

生涯[編集]

イタリア王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世とその妃でモンテネグロ王ニコラ1世の娘であるエレナの間の第4子(三女)としてローマで生まれ、ヴィラ・サヴォイアで育った。ジョヴァンナは幼い頃から、政略結婚の駒としてサヴォイア家の繁栄を支えるという自身の使命を自覚していた。

1930年10月、アッシジにおいてブルガリア王ボリス3世と結婚した。婚礼は花嫁の宗派であるカトリックの儀礼に則ったものであり、国家統領ベニート・ムッソリーニも出席した。この結婚は、結果的に見ればイタリアに何の利益ももたらさなかった。ジョヴァンナの母親がスラヴ人ということもあり、ブルガリア国民は新王妃を快く歓迎した。ジョヴァンナはブルガリアの首都ソフィアに到着すると、夫の宗派である正教会の儀礼に則った2度目の婚礼を挙げたが、カトリック教会は2度目の婚礼に不快感を示した。ジョヴァンナはブルガリア語読みのイオアンナという名前を使うようになった。1933年には長女のマリヤ・ルイザが、1937年には長男で王太子のシメオンが生まれた。

イオアンナは王妃として、小児科病院に融資を行うなど慈善活動に熱心に取り組んだ。第二次世界大戦が始まると、イオアンナは多数のユダヤ人たちをアルゼンチンに避難させるために必要な通行ビザを発行させるなど、枢軸国側に靡きがちな夫ボリス3世に対するバランサーの役割を果たした。やがてボリス3世は見かけよりヒトラーに従順でないことを示し始めたが、1943年8月にベルリンでヒトラー総統と会談して帰国した直後に急死した。公式発表では死因は心臓発作とされたが、ヒトラーによる毒殺を疑う声が高まっていった。イオアンナの幼い息子シメオンが王位を継承し、ボリス3世の弟で親独的と見なされていたプレスラフ公キリルが、幼い国王の摂政に就任した。

大戦末期、ブルガリアはソヴィエト連邦の侵攻を受け、クーデターの勃発で政権が倒された。摂政公キリル王子は1945年に人民法廷で有罪を宣告されて処刑された。イオアンナと2人の子供たちは1946年までソフィア郊外のヴラナ宮殿で軟禁状態に置かれていたが、新しく成立した共産党政権はシメオン2世とその家族に48時間以内に国外に退去するよう命じた。イオアンナは子供たちを連れて、両親の亡命先であるエジプトアレクサンドリアに逃れ、ついでマドリードに移った。1962年にシメオン2世がスペイン貴族の娘マルガリータ・ゴメス=アセボと結婚した後、イオアンナはポルトガルエストリルに移り、1993年にボリス3世の墓を詣でた以外にブルガリアへ戻ることなく、この地で余生を送った。

2000年に死去。遺骸はアッシジに葬られた。

参考文献[編集]

  • Boris III of Bulgaria 1894-1943, by Pashanko Dimitroff, London, 1986, ISBN 0-86332-140-2
  • Crown of Thorns by Stephane Groueff, Lanham MD., and London, 1987, ISBN 0-8191-5778-3
  • The Daily Telegraph, Obituary for "HM Queen Ioanna of the Bulgarians", London, 28 February 2000.