マリーア・アントーニア・デル・ポルトガッロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パルマ公妃マリーア・アントーニア

マリーア・アントーニア・デル・ポルトガッロMaria Antónia del Portogallo)またはマリーア・アントーニア・ディ・ブラガンツァMaria Antonia di Braganza, 1862年11月28日 - 1959年5月4日)は、パルマ公ロベルト1世の2度目の妃(ただし、マリーア・アントーニアが生まれる以前にパルマ公国は廃されている)。

ポルトガルの廃王ミゲル1世とその妃であるレーヴェンシュタイン=ヴェルトハイム=ローゼンベルク侯女アデライデの末子として、ブロンバッハで生まれた。ポルトガル語全名はMaria Antónia Adelaide Camila Carolina Eulália Leopoldina Sofia Inès Francisca de Assis e de Paula Micaela Rafaela Gabriela Gonzaga Gregória Bernardina Benedita Andrea。

1884年にロベルトと結婚し、12子をもうけた。

第二次世界大戦後、三男フェリーチェの住むルクセンブルクへ移住し、シューロス・コルマール=ベルクで死去した。