マリアンネ・ファン・オラニエ=ナッサウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オランダ王女/プロイセン王子妃マリアンネ(1846年、ヨハン・フィリップ・ケールマン筆)

マリアンネ・ファン・オラニエ=ナッサウ(Marianne van Oranje-Nassau, 1810年5月9日 - 1883年5月29日)は、オランダの王族。全名はヴィルヘルミナ・フレデリカ・ルイーゼ・シャルロッテ・マリアンネWilhelmina Frederika Louise Charlotte Marianne)。オランダ王ヴィレム1世の次女で、プロイセン王子アルブレヒトの妃となった。

マリアンネは1810年5月9日オラニエ公ヴィレム6世(後のオランダ王ヴィレム1世)とその妃であったプロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム2世の王女ヴィルヘルミーネの間に第4子(末子)として父の亡命先であるベルリンで生まれた。

マリアンネが1835年から1845年まで住んでいたカーミェンツ城。現ポーランドドルヌィ・シロンスク県ゾンプコヴィツェ郡にある

1828年、マリアンネに対して前スウェーデングスタフ4世アドルフの長男グスタフとの縁談が持ち上がった。しかしこれはスウェーデン王カール14世ヨハンらの強い反対を受け破談となり、マリアンネはプロイセンフリードリヒ・ヴィルヘルム3世の王子アルブレヒトと結婚した。

ところがマリアンネは1845年に家族を捨て、フォールブルフ南ホラント州)で愛人のヨハネス・ファン・ロッスム(1809年 - 1873年)と暮らし始めた。更に1949年に彼との間に子供ができるに及んでアルブレヒトとの離婚が成立し、以後マリアンネはハーグベルリンの双方の宮廷から絶縁状態となった。

その後マリアンネはラインガウラインハルツハウゼン城(現ヘッセン州エルトヴィレ・アム・ライン)に住み、1883年5月29日に同地で歿した。遺体はラインハルツハウゼン城のヨハネス・ファン・ロッスムや庶子ヨハネス・ヴィレム・ファン・ラインハルツハウゼンの隣に葬られている。

子女[編集]

マリアンネとアルブレヒトは1830年9月14日ハーグで結婚した。2人の間には以下の1男3女が生まれた。

また、愛人のヨハネス・ファン・ロッスムとの間に生まれた庶子として男子1人が知られている。