アレクサンドリーネ・フォン・プロイセン (1842-1906)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プロイセン王女アレクサンドリーネ

アレクサンドリーネ・フォン・プロイセン (Alexandrine von Preußen, 1842年2月1日 - 1906年3月26日)は、プロイセン王国の王族。全名はフリーデリケ・ヴィルヘルミーネ・ルイーゼ・エリーザベト・アレクサンドリーネFriederike Wilhelmine Luise Elisabeth Alexandrine)。プロイセン王子アルブレヒトの三女で、メクレンブルクヴィルヘルムの妻となった。

1842年2月1日、アルブレヒトとその妃であったオランダ王ヴィレム1世の王女マリアンネの間に第四子としてベルリンで生まれた。

1906年3月26日、アレクサンドリーネはポツダム近くのSchloss Marleyで死去した。

子女[編集]

1865年12月9日、メクレンブルク公ヴィルヘルムとベルリンで結婚した。夫との間には以下の一女をもうけた。