アルブレヒト・フォン・プロイセン (1809-1872)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プロイセン王子アルブレヒト

アルブレヒト・フォン・プロイセン(Albrecht von Preußen, 1809年10月4日 - 1872年10月14日)は、プロイセン王国の王族・軍人。上級大将。全名はフリードリヒ・ハインリヒ・アルブレヒトFriedrich Heinrich Albrecht)。フリードリヒ・ヴィルヘルム3世の五男で、フリードリヒ・ヴィルヘルム4世ヴィルヘルム1世の弟。

1809年10月4日、フリードリヒ・ヴィルヘルム3世とその妃であったメクレンブルク=シュトレーリッツカール2世(後の大公)の娘ルイーゼ(1776年 - 1810年)の間に第九子(末子)としてケーニヒスベルク(現カリーニングラード)で生まれた。

アルブレヒトは1872年10月14日ベルリンで死去した。ベルリンの目抜き通りの一つニーダーキルヒナー通りNiederkirchnerstraße)の旧名プリンツ・アルブレヒト通り(Prinz-Albrecht-Straße)は彼の名にちなんだものであった。

子女[編集]

アルブレヒトは1830年9月14日ハーグオランダ王ヴィレム1世の王女マリアンネ(1810年 - 1883年)と結婚した。彼女との間には以下の一男三女をもうけた。

マリアンネと1849年に離婚したのち、1853年6月13日にアルブレヒトはホーエナウ伯爵夫人ロザーリエ・フォン・ラオホ(Rosalie von Rauch, 1820年 - 1879年)と貴賎結婚した。後妻との間には以下の二男をもうけた。