マミヤ・オーピー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マミヤ・オーピー株式会社
MAMIYA-OP Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証2部 7991
本社所在地 日本の旗 日本
141-0031
東京都品川区西五反田二丁目11番17号
HI五反田ビル
設立 1948年2月23日
業種 機械
代表者 代表取締役社長 矢崎登
資本金 39億5,874万円
(2009年3月31日現在)
売上高 単体119億3,702万円
連結147億1,438万円
(2009年3月期)
純資産 単体47億4,001万円
連結57億6,107万円
(2009年3月31日現在)
総資産 単体108億9,231万円
連結120億1,233万円
(2009年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 データ・アート 58.5%
外部リンク www.mamiya-op.co.jp
テンプレートを表示

マミヤ・オーピー株式会社(英文名称:Mamiya-OP Co., Ltd. )は、オリムピック(旧 オリムピック釣具)とマミヤ光機(1940年に創立されたカメラメーカー)が1992年(平成4年)に合併して誕生した企業である。合併後の存続会社は「(株)オリムピック」で、合併時の社名も「(株)オリムピック」であったが、1993年4月現社名に改称し現在に至る。

なお、現在釣り具を扱っているオリムピックは、当社より事業継承を受けた別会社であり、組織的な繋がりはない。

事業分野[編集]

電子機器事業
パチンコ玉貸機やマンション用ロッカー、小型券売機(オペラル Operal)など
スポーツ用品事業
カーボンゴルフクラブシャフトや遮断桿など

かつての事業分野[編集]

光学機器事業
マミヤ光機から継承。中核事業である中判フィルムカメラ・デジタルカメラの売り上げ不振により、コスモ・デジタル・イメージング株式会社(現 マミヤ・デジタル・イメージング)へ、子会社の光学器械製造部門の「マミヤ株式会社」を含み営業譲渡。
前身のマミヤ光機含む製品全般に関しては、マミヤ・オーピーのカメラ製品一覧を参照のこと。
釣り具
かつてのオリムピックから継承。2000年末に撤退。その後、同社が取り扱っていたスウェーデンの釣り具メーカーであるアブ・ガルシア社の製品の取り扱いは、アメリカ合衆国の釣り具メーカー・ピュアフィッシングの日本法人(ピュアフィッシング・ジャパン)が、磯、沖釣り、鮎用の釣り竿の取り扱いはオリムピックが、アメリカの釣り具メーカーで90年代に買収したフィンノール社の製品はアメリカの釣り具メーカーであるゼブコがそれぞれ取り扱いを引き継いだ。なお、かつて釣り竿を製造していた和歌山県のすさみ工場は(現)オリムピックが引き継いだ。

主な製品[編集]

電子機器事業[編集]

スポーツ用品事業[編集]

  • PROFOECE MIRACLE BEAM
  • AXIV
  • 遮断桿

特機事業[編集]

  • 小型券売機 (オペラル Operal)
  • 薄膜測定器
  • フラットパネル欠陥検査装置
  • CCDラインセンサカメラ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]