マネー・ジャングル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マネー・ジャングル
デューク・エリントンスタジオ・アルバム
リリース 1963年
録音 1962年9月17日 ニューヨーク
ジャンル ジャズ
時間 30分30秒
レーベル ユナイテッド・アーティスツ・レコード
ブルーノート(再発)
プロデュース アラン・ダグラス
専門評論家によるレビュー
テンプレートを表示

マネー・ジャングル』(Money Jungle )は、ジャズピアニストデューク・エリントンが、1962年に録音して1963年ユナイテッド・アーティスツ・レコードから発表した[1]アルバム。デュークの信奉者であるチャールズ・ミンガスマックス・ローチが参加したピアノ・トリオ作品。オリジナルは7曲入りだが、CDによっては、ボーナス・トラックを6曲追加したエディションと、8曲追加したエディションがある。

解説[編集]

デュークの活動は、ビッグバンドホーン入りのバンドが主で、ピアノ・トリオ作品はそれほど多くない。とりわけ本作は、デュークより20歳以上も若い有名プレイヤーとの共演ということで話題となった。

収録曲は全部デュークの作品だが、往年のレパートリーの再演だけでなく、「マネー・ジャングル」や「アフリカの花」のように、このセッションのために書き下ろされた新曲もある。チャールズにしてもマックスにしても、荒くれ男として有名であり、本作はチャールズによる過激なベース・プレイから始まる。デュークも、2人に対抗するかのようにピアノを弾きまくった。既にスタンダード・ナンバーとして有名になっていた「キャラヴァン」も、ここでは極めて暴力的な演奏が聴ける。音楽評論家のジョージ・ウェインは、本作のオリジナル・ライナーに、「A triumvirate, not a trio.(トリオではなく三頭政治だ)」という、本作の性格をよく表した賛辞を書いた。

本作制作の9日後には、デュークはジョン・コルトレーンと共演し、アルバム『デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン』として発売された。

収録曲[編集]

  1. マネー・ジャングル - Money Jungle(Duke Ellington)
  2. アフリカの花 - Le Fleurs Africaines (African Flower)(D. Ellington)
  3. ヴェリー・スペシャル - Very Special(D. Ellington)
  4. ウォーム・ヴァレー - Warm Valley(D. Ellington)
  5. ウィグ・ワイズ - Wig Wise(D. Ellington)
  6. キャラヴァン - Caravan(Tizol, Mills, Ellington)
  7. ソリチュード - Solitude(De Lange, Mills, Ellington)

演奏メンバー[編集]

脚注[編集]