マット・ペグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マット・ペグMatt Pegg1971年3月27日 - )は、イギリス音楽家ベーシスト[1][2]。本名は、マシュー・ペグ(Matthew Pegg)。現在は、ロックバンドプロコル・ハルムで活動している。

略歴[編集]

マット・ペグは、1971年フェアポート・コンヴェンションジェスロ・タルでベーシストを務めたデイヴ・ペグの息子として生まれた。彼は、生まれながらに練達したベーシストで、ジェスロ・タルのツアーで父親の代役を務めたことは有名な話だ。彼は、フランシス・ダナリーイアン・ブラウンクリス・ディフォードと共にレコーディングを行なっている [2]

1989年、マット・ペグは、16歳でプロとなった。現代プログレッシブ・ロックスタイルのブラインダー(Blinder)というバンドでのデビューだった。ブラインダーは、イット・バイツの2度のサポートでたいへんな成功を収め、このことが後に雇い主になるフランシス・ダネリーの関心を引くきっかけとなった(ブラインダーの他のメンバーは、後にヘッドスウィムポリドール・レコードと契約)とブラックカーを結成している。) [3]

マット・ペグは、フランシス・ダナリーの2001年のアルバム『マン』(Man)に参加し、彼の「ホームタウン」(Hometown)ツアーに同行した。この様子は、翌年発表されたライヴアルバム『ホームタウン 2001』(Hometown 2001)にも収録された。

マット・ペグは、1993年以降、 プロコル・ハルムに所属している。定期的にツアーを行ない、アルバム『ウェルズ・オン・ファイアー』やDVD『ライヴ・アット・ザ・ユニオン・チャペル』(Live at the Union Chapel)にも登場している。彼は、現在、フォークロックグループのザ・ギャザリング(The Gathering)のツアーに参加している [4]

脚注[編集]

[ヘルプ]


外部リンク[編集]