マックス・ホルクハイマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テオドール・アドルノ(右)とともに、1965年ハイデルベルクにて

マックス・ホルクハイマー(Max Horkheimer、1895年2月14日 - 1973年7月7日)は、ドイツ哲学者社会学者

フランクフルト学派の代表で、テオドール・アドルノとの共著『啓蒙の弁証法』で知られる。その他の著書に『道具的理性批判へ向けて』『批判的理論』などがある。アルトゥル・ショーペンハウアーペシミズムへの共感を持つ。

経歴[編集]

シュトゥットガルト郊外のツッフェンハウゼン(Zuffenhausen)に生まれる。ユダヤ系ドイツ人ギムナジウムに入学するものの中退し、実家が経営する工場で見習いとして働いた。第一次世界大戦に従軍後、1919年にミュンヘンアビトゥーア資格を所得、ミュンヘン大学フランクフルト大学フライブルク大学で学び、1925年にフランクフルト大学で教授資格を得た。1926年に結婚。

1930年にフランクフルト大学の社会研究研究所の創設に参加。だが、1933年のナチ党の権力掌握後、1934年にスイスジュネーヴ経由でアメリカ亡命コロンビア大学で教鞭を執った。

第二次世界大戦後の1949年にまたフランクフルト大学に戻り、同研究所の所長に復帰。同大学学長も務めた。1954年と1959年には再びアメリカに渡ってシカゴ大学でも教えた。1964年、フランクフルト大学を退職。かつてホルクハイマーによって同大学の教授職につくことを阻まれた、フランクフルト学派第2世代のユルゲン・ハーバーマスが後任の教授となった。

1973年にニュルンベルクで死去し、ベルンのユダヤ人墓地に葬られている。

邦訳著書[編集]

フランクフルト市内にあるホルクハイマーの顕彰碑

単著[編集]

  • 『理性の腐蝕』(せりか書房、1970年)
  • 『権威と家族』(イザラ書房、1970年)
  • 『哲学の社会的機能』(晶文社、1974年)
  • 『権威主義的国家』(紀伊國屋書店、1975年)
  • 『批判的社会理論――市民社会の人間学』(恒星社厚生閣、1994年)
  • 『批判的理論の論理学――非完結的弁証法の探求』(恒星社厚生閣、1998年)

共著[編集]

訳者編纂[編集]

外部リンク[編集]