マクシミリアン・フランツ・フォン・エスターライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
姉のマリー・アントワネットとその夫であるルイ16世を訪問するマクシミリアン・フランツ。ヨーゼフ・ハウツィンガー筆、ウィーン美術史美術館所蔵

マクシミリアン・フランツ・フォン・エスターライヒ(またはハプスブルク=ロートリンゲン)(Maximilian Franz von Österreich(Habsburg-Lothringen), 1756年12月8日 - 1801年7月26日)は、オーストリア大公マリア・テレジアの五男。オーストリア大公。ケルン大司教選帝侯(在位:1784年 - 1801年)。全名はマクシミリアン・フランツ・クサーヴァ・ヨーゼフ・ヨハン・アントン・デ・パウラ・ヴェンツェルMaximilian Franz Xaver Joseph Johann Anton de Paula Wenzel)。

マクシミリアン・フランツは1756年12月8日マリア・テレジア神聖ローマ皇帝フランツ1世の間に第16子(末子)としてウィーンに生まれた。彼は聖職者としての道を歩み、1780年に叔父カール・アレクサンダーの後を嗣いでドイツ騎士団総長に、1784年4月15日にはケルン大司教となった。また彼は選帝権を行使した最後のケルン大司教である。

「ふとっちょのマクシィ」というあだ名を庶民につけられていた彼は、作曲家ベートーヴェンのパトロンであった。

1801年7月26日、マクシミリアン・フランツはウィーンで死去した。遺骨はウィーン・カプツィーナー教会皇帝納骨所(カイザーグルフト)に収められている。

先代:
マクシミリアン・フリードリヒ・フォン・ケーニヒゼック=ローテンフェルス
ケルン大司教(選帝侯)
1784年 - 1801年
次代:
フェルディナント・アウグスト・フォン・シュピーゲル
先代:
カール・アレクサンダー・フォン・ロートリンゲン
ドイツ騎士団総長
1780年 - 1801年
次代:
カール・フォン・エスターライヒ=テシェン