マイ・ブラザー (2009年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイ・ブラザー
Brothers
監督 ジム・シェリダン
脚本 デイヴィッド・ベニオフ
原作 オリジナル脚本
スサンネ・ビア
アナス・トマス・イェンセン
製作 ライアン・カヴァノー
シガージョン・サイヴァッツォン
マイケル・デ・ルカ
製作総指揮 タッカー・トゥーリー
出演者 トビー・マグワイア
ジェイク・ギレンホール
ナタリー・ポートマン
音楽 トーマス・ニューマン
主題歌 U2
Winter
撮影 フレデリック・エルムズ
編集 ジェイ・キャシディ
製作会社 レラティビティ・メディア
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2009年12月4日
日本の旗 2010年6月4日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $26,000,000[1]
興行収入 $43,156,349[1]
テンプレートを表示

マイ・ブラザー』(原題: Brothers)は、2009年アメリカ映画スザンネ・ビア監督のデンマーク映画ある愛の風景』(2004年)をリメイク。

ストーリー[編集]

米軍大尉のサムは正義感溢れる優しい人物で、愛する妻グレースと二人の娘と共に幸せな家庭を築いていた。だが、彼の弟のトミーは対象的な人物で、銀行強盗を犯したため刑務所に収監されていた。そんなある日、サムはアフガニスタンの戦地へ出征しなければならなくなり、一方のトミーは刑務所から出所するのだった。しばらくして、サムが戦死したとの報せがグレースの元に届く。悲しみに暮れるグレースを見たトミーは、彼女らの助けになるよう努力する。そんなトミーの存在がグレースの悲しみを癒していき、トミー自身もグレースと接することで自分が変わっていくのを感じるのだった。だが、そんな彼らの元に、死んだはずのサムが戻ってくる。戦死したという報せは間違いだったのだ。喜ぶトミーとグレースだったが、サムは戦場での体験が原因で、暴力的な人物へと変わっていた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
サム・ケイヒル トビー・マグワイア 土田大
トミー・ケイヒル ジェイク・ジレンホール 高橋広樹
グレース・ケイヒル ナタリー・ポートマン 高橋理恵子
ハンク・ケイヒル サム・シェパード 小島敏彦
カヴァゾス少佐 クリフトン・コリンズ・Jr 三宅健太
エルシー・ケイヒル メア・ウィニンガム
イザベル・ケイヒル ベイリー・マディソン
マギー・ケイヒル テイラー・ギア
キャシー・ウィリス キャリー・マリガン 羽飼まり

脚注[編集]

  1. ^ a b Brothers (2009)”. Box Office Mojo. 2010年11月2日閲覧。

外部リンク[編集]