マイア (恒星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイア、おうし座20番星
Maia-20-Tau-in-Pleiades PL.jpg
プレアデス星団の中のマイア
データ
元期 J2000      Equinox J2000
星座 おうし座
赤経 03h 45m 49.6067s[1]
赤緯 24° 22′ 03.895″[1]
視等級 (V) 3.871 [1]
特徴
スペクトル分類 B8III [1]
U-B 色指数 -0.40
B-V 色指数 -0.07 [2]
変光星 Suspected
アストロメトリー
視線速度 (Rv) 7.5 [1] km/s
固有運動 (μ) 赤経: 21.09 [1] ミリ秒/
赤緯: -45.03 [1] ミリ秒/
年周視差 (π) 9.06 ± 1.03[3] ミリ秒
距離 approx. 360 光年
(approx. 110 パーセク)
絶対等級 (MV) -1.03
詳細
質量 4+ [4] M
半径 5.5 [4] R
光度 660 [4] L
表面温度 12,600 [4] K
金属量 1.10 Fe/H[5]
自転周期 33 km/s [6]
年齢 ?
他の名称
Maia, 20 Tauri, HR 1149, BD 23° 516, HD 23408, HIP 17573, SAO 76155, GC 4500, NSV 01279, WDS J03458+2422
参照データベース
SIMBAD data

座標: 星図 03h 45m 49.607s, +24º 22' 03.895'' マイアは、おうし座の恒星である。プレアデス星団では、アルキオネアトラスエレクトラに次いで4番目に明るい。マイアという名前はギリシア神話でアトラースプレーイオネーの間に生まれたプレイアデス7人姉妹の1人マイアの名前に由来する。マイアはスペクトル型B8IIIの青色巨星で、水銀-マンガン星である。

概観[編集]

マイアの視等級は3.871で、暗い空であれば肉眼で見ることができる。合計のボロメータ光度は太陽の660倍で、主に紫外線である。半径は太陽の5.5倍、質量は4倍と推測されている[4]。マイアはプレアデス星団の中のマイア星雲(NGC 1432)の恒星の1つである[7]

マイアは、オットー・シュトルーベによって変光星と分類され、こぐま座ガンマ星等を含むマイア変光星という区分が提案されている[4]

プレアデス星団の構成

神話[編集]

マイアとヘルメース、紀元前500年頃のアンフォラ型容器

マイアは、プレイアデスとして知られる美しい7人の姉妹の長姉である。彼女はゼウスにレイプされて使い神のヘルメースを妊娠した。マイアとプレアデスの星は冬の夜空で、オリオン座と一緒に見えるが、ギリシア神話では、マイアと妹達はポィオティアの森で巨大な狩人に追いかけられたとされている[8]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g SIMBAD query result: MAIA -- Variable Star”. Centre de Données astronomiques de Strasbourg. 2010年6月11日閲覧。
  2. ^ Johnson, H. L.; Iriarte, B.; Mitchell, R. I.; Wisniewski, W. Z. (1966). “UBVRIJKL photometry of the bright stars.” (PDF). Comm. Lunar Plan. Lab., 4. Bibcode 1966CoLPL...4...99J. http://cdsads.u-strasbg.fr/abs/1966CoLPL...4...99J 2010年6月11日閲覧。. 
  3. ^ Perryman, M. A. C.; Lindegren, L.; Kovalevsky, J.; Hoeg, E. et al (1997). “The HIPPARCOS Catalogue” (PDF). Astronomy and Astrophysics 323: L49-L52. Bibcode 1997A&A...323L..49P. http://cdsads.u-strasbg.fr/cgi-bin/nph-bib_query?1997A%26A...323L..49P&db_key=AST&nosetcookie=1 2010年6月10日閲覧。. 
  4. ^ a b c d e f Professor James B. (Jim) Kaler. “MAIA (20 Tauri)”. University of Illinois. 2010年6月11日閲覧。
  5. ^ Heacox, W. D. (1979). “Chemical abundances in Hg-Mn stars” (PDF). Astrophysical Journal Supplement Series vol. 41: 675-688. Bibcode 1979ApJS...41..675H. doi:10.1086/190637. http://cdsads.u-strasbg.fr/abs/1979ApJS...41..675H 2010年6月10日閲覧。. 
  6. ^ Royer, F.; Grenier, S.; Baylac, M.-O.; Gómez, A. E.; Zorec, J. (2002). “Rotational velocities of A-type stars in the northern hemisphere. II. Measurement of v sin i in the northern hemisphere” (PDF). Astronomy and Astrophysics 393: 897-911. Bibcode 2002A&A...393..897R. doi:10.1051/0004-6361:20020943. http://cdsads.u-strasbg.fr/cgi-bin/nph-bib_query?2002A%26A...393..897R&db_key=AST&nosetcookie=1 2010年6月10日閲覧。. 
  7. ^ SEDS Students for the Exploration and Development of Space”. NGC 1432. 2010年6月11日閲覧。
  8. ^ Hesiod, Works and Days 619ff.

外部リンク[編集]