ポール・ヴィダル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・ヴィダルのポートレート(ピエール・プチ撮影)

ポール・アントワーヌ・ヴィダルPaul Antoine Vidal, 1863年6月16日 トゥールーズ - 1931年4月9日 パリ)はフランス作曲家指揮者だが、もっぱら卓越した音楽教師として後世に名を残している。

トゥールーズ音楽院に学んだ後、パリ音楽院ジュール・マスネセザール・フランクに師事して1883年に(クロード・ドビュッシーに1年先駆けて)ローマ大賞を受賞する。パリ・オペラ座オペラ=コミック座で指揮者を務める傍らパリ音楽院の教壇に立ち、門下にアンドレ・カプレナディア・ブーランジェリリ・ブーランジェジャック・イベールアンリ・トマジウジェーヌ・ビゴリカルド・カスティーリョアンドレ・オッセンらを擁す。

《エロス Eros 》(1892年)、《ゲルニカ Guernica 》(1895年)、《 La Burgonde 》(1898年)といった一連の歌劇を遺しているが、今日ではほとんど忘れられてしまっている。

エピソード[編集]

1886年1月8日フランツ・リストのために、ドビュッシーと共演して2台ピアノ版の《ファウスト交響曲》を演奏するが、夕食後の宴であり、作曲者自身はどうやら眠りこけていたようだったという。その翌日に二人はリストに、シャブリエの《ロマンティックなワルツ》を2台ピアノで演奏して聴かせた。