リカルド・カスティーリョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リカルド・カスティーリョ(Ricardo Castillo、1894年10月1日 - 1966年5月25日)は、グアテマラ作曲家

ケツァルテナンゴ出身。1906年から1922年までパリで生活し、オーギュスタン・ルフォールヴァイオリンを、ポール・ヴィダル和声作曲を学んだ。1922年にグアテマラに戻った後、1960年まで国立音楽院で音楽史和声作曲対位法管弦楽法を教えた。作曲家として先住民族の遺産を評価し、マヤ文明の神話を題材に多く取った。作風はフランス風の印象主義音楽新古典主義音楽が特徴である。

作品[編集]

  • 交響詩「乙女イシュキック」(1944)
  • 狂詩曲「ティカルの石碑」(1945)
  • 舞台音楽「キチェ・アチ」(1947)
  • バレエ「パール・カバー」(1950-56)
  • 束の間の彫塑(1963)
  • 抽象(1965)
  • シンフォニエッタ

文献[編集]

  • Dieter Lehnhoff, Creación musical en Guatemala. [1] Guatemala: Universidad Rafael Landívar y Fundación G&T Continental, Editorial Galería Guatemala, 2005. ISBN 99922-704-7-0