ホジャリ大虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホジャリ大虐殺とは、ナゴルノ・カラバフ戦争中の1992年2月25日ホジャリ市Khojaly)のアルメニア人過激派がアゼルバイジャン系住民を多数を殺害したとされる大量虐殺事件。

1992年2月25日から26日にかけて、アルメニア軍ロシアの366部隊のサポートを受けながら、アゼルバイジャン共和国のホジャリ市を攻撃した。ヒューマン・ライツ・ウォッチなどによると、63人の子供を含む613人を虐殺したとされる。