ペルビアンジャイアントオオムカデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペルビアンジャイアントオオムカデ
Scolopendra gigantea (1).jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 唇脚綱 Chilopoda
: オオムカデ目 Scolopendromorpha
: オオムカデ科 Scolopendridae
: オオムカデ属 Scolopendra
: ペルビアンジャイアントオオムカデ
S. gigantea
学名
Scolopendra gigantea
(Linnaeus,1758)
和名
ペルビアンジャイアントオオムカデ
英名
Peruvian giant yellowleg centipede、Amazonian giant centipede

ペルビアンジャイアントオオムカデ(学名:Scolopendra gigantea)は、節足動物門唇脚網オオムカデ科に属するムカデの一種。

ペルーオオムカデ、ギガスオオムカデ、ダイオウムカデなど、様々な呼び方がある。

分布[編集]

ブラジルペルーなどといった南米熱帯雨林帯に生息している。

特徴[編集]

世界最大のムカデであり、体長は通常20~30cmで、最大40cmを越えるという巨大種である。頭部の色はで胴体はワインレッド、節目の関節の色がピンクで、脚の色が黄色という派手な体色をしているが、それはを持っていることを示す警告色である。

生態[編集]

熱帯雨林の地上層に住み、夜行性だが、場合によっては昼間も活動し、獲物を求めて木に登ることもある。

最大のムカデだけあって小さな毒蛇を思わせる程の大きさで、首を持ち上げて威嚇する。その牙の威力も強力で、プラスチックの網などは砕いてしまうほどの威力を誇っている。

肉食性で、獲物は昆虫類やクモサソリトカゲカエルに、マウスや小鳥、時には小型のヘビまでも襲う程の獰猛さを持ち、触れた者に対しては容赦なく噛みつく。

その毒の強さについては不明だが、体の大きさから非常に危険であるといわれている。

近似種[編集]

全身が赤いロブスターオオムカデ(Scolopendra gigantea robusta)や、黄色と関節部分の黒のツートンカラーが特徴のタイガーオオムカデ(Scolopendra sp.)がおり、同じく体長30cm以上にもなる。

未確認情報で60cmにも達すると言われているが、定かではなく、誤認情報だという可能性もある。

ペット[編集]

世界最大のムカデというだけに、ペット人気は非常に高いが、最大のムカデである分、しっかりした飼育施設が必要で、鉄製の金網で蓋をした方が良い。

また、本種をはじめとした大型のオオムカデ類は意外に生命力が強い。船で密航し、イギリスで発見されたこともあるという。

参考文献[編集]

  • 秋山智隆 『毒虫の飼育・繁殖マニュアル』 データハウス、2001年。
  • 『昆虫の写真図鑑』 日本ヴォーグ社、2000年。