ヘレン・ドーナト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヘレン・ドーナトHelen Donath1940年7月10日 - )は、アメリカ合衆国出身のドイツソプラノ歌手である。英語風にドーナス、誤ってドナート、ドナースと表記されている(LP時代はほとんどこちらだった)場合もある。旧姓はアーウィン (Erwin)。

概説[編集]

ドーナトはテキサス州コーパスクリスティで生まれ、同地の大学に学んだ後ニューヨーク州でパオラ・ノヴィコヴァとC.ダフォルに学んだ。

彼女は1958年、ニューヨークでコンサート歌手としてデビューした。1961年、西ドイツケルンのオペラ研修所に加わるとともに、ケルン市立歌劇場の一員となり、『ラインの黄金』の第2のラインの乙女役でデビューする。1964年にザルツブルク音楽祭モーツァルトの『魔笛』のパミーナ役を歌い認められる。1966年ハノーファー歌劇場と契約。同地で彼女は、指揮者クラウス・ドーナトと出会い結婚した。

1965年からウィーン国立歌劇場、1967年からはバイエルン国立歌劇場にも出演するようになり、名声を得る。1984年、ハンブルク国立歌劇場の日本公演で初来日しパミーナを歌う。

ドーナトの声質はソプラノ・リリコで、パミーナのほか『ニュルンベルクのマイスタージンガー』のエーファや『ばらの騎士』のゾフィー、『カルメン』のミカエラなどを得意とする。また、J.S.バッハヘンデルオラトリオカンタータを始めとする教会音楽の優れた歌い手でもあるとともに、夫クラウスのピアノ伴奏で歌曲リサイタルも行っている。

外部リンク[編集]