プロネヴェ=ポルゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Plonévez-Porzay
Blason ville fr Plonévez-Porzay (Finistère).svg
Eglise plonevez porzay.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルターニュ地域圏Blason region fr Bretagne.svg
(département) フィニステール県Blason Finistère 29.svg
(arrondissement) シャトーラン郡
小郡 (canton) シャトーラン小郡
INSEEコード 29176
郵便番号 29550
市長任期 ポール・ディヴァナック
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de Communes du Pays de Châteaulin et du Porzay
人口動態
人口 1717人
2010年
人口密度 59人/km²
住民の呼称 Plonévézien, Plonévézienne
地理
座標 北緯48度07分30秒 西経4度13分12秒 / 北緯48.125度 西経4.22度 / 48.125; -4.22座標: 北緯48度07分30秒 西経4度13分12秒 / 北緯48.125度 西経4.22度 / 48.125; -4.22
標高 平均:90m
最低:m
最高:m
面積 29.23km²
Plonévez-Porzayの位置(フランス内)
Plonévez-Porzay
Plonévez-Porzay
公式サイト Site officiel de Plonévez-Porzay
テンプレートを表示

プロネヴェ=ポルゼPlonévez-Porzayブルトン語:Plonevez-Porzhe)は、フランスブルターニュ地域圏フィニステール県コミューン

地理[編集]

プロネヴェ=ポルゼは海辺の町で、コルヌアイユ地方に含まれるポルゼ地域の平野に位置する。北をプロエヴァンとカスト、東をケメネヴァン、南はロクロナンケルラズと接している。町の西側は、サンタンヌ=ラ=パリュー、ケルヴェル、トレズマラウエンの崖と砂浜である。

最寄りの鉄道駅はカンペールシャトーランである。最寄りの空港はカンペール・コルヌアイユ空港か、ブレスト・ブルターニュ空港である。

歴史[編集]

15世紀にネヴェト家がケルラズ小教区(当時はプロネヴェ=ポルゼ教区の一部)にレザルガン城を建てた。城の痕跡は残っていない。19世紀後半、城の地中の基礎部分が発掘され、請負人夫が残した印が見つかっている[1]

1856年12月日曜日の朝、トレフンテックの浜でジャン=マリー・ルブリは馬に引かせたグライダーを操縦して、100mの高さまで上昇し200m飛行した。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2010年
1620 1527 1533 1643 1663 1582 1656 1717

参照元:1999年までEHESS[2]、2000年以降INSEE[3][4]

経済[編集]

町の経済は農業に最も依存しており、次に観光、手工芸、そして小規模工業がある。

ドゥアルヌネ湾、クロゾン半島を見下ろすトレフンテック岬は、しばしばハイキングやパラグライダーを楽しむ人々がやってくる。

伝承[編集]

サンタンヌ=ラ=パリュー礼拝堂
  • 作家アナトール・ル・ブラズが収集した伝承によれば、マリアの母アンナ(フランス語ではアンヌ)はプロネヴェ=ポルゼの生まれであった。アンナはアルモリカの領主と結婚した。夫の死後にアルモリカはユダヤの一部となり、彼女はそこで再婚した。また、イエス・キリストは、磔刑にされる前に、祖母アンナから祝福を受けるために、ペテロとともにブルターニュを訪れたと言われている。キリストが大地に杖を突き立てると、そこから水が湧き出た。アンナはプロネヴェ=ポルゼで没し、その場所には最初のサンタンヌ=ラ=パリュー礼拝堂(17世紀からあるが、現在は失われている)が建てられた。
  • 別の伝承では、アンナはキリスト教伝来以前はアイルランド島の神々の母、豊穣の女神であった。現在、聖母マリアの母・アンナの像が、サンタンヌ=ラ=パリュー礼拝堂(19世紀再建)のそば、泉を見下ろす場所に建てられている。四旬節の第2日曜日、復活祭の火曜日、昇天後の日曜日、7月26日や8月の日曜日には、ロウソクを手にした巡礼者たちがパルドン祭りのため集まる。泉の水を飲むと力が授けられるという。

姉妹都市[編集]

脚注[編集]