ジャン=マリー・ルブリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルバトロス II、1868年(撮影者:ナダール
1857年の特許

ジャン=マリー・ルブリJean-Marie Le Bris1817年 - 1872年)はフランス人の航空の先駆者である。1856年12月、操縦装置のついたグライダーで飛行した。

ブルターニュコンカルノーに生まれた。水兵として世界を回るうちにアホウドリの飛行を参考にグライダーを製作した。フィニステール県のサン=タンヌ=ラ=パリュ(Sainte-Anne-la-Palud )海岸(現在のプロネヴェ=ポルゼ)で「人工的なアホウドリ」(L'Albatros artificiel )と名づけられたグライダーを風に向かって馬で引っ張らせて離陸し、離陸した高さよりも高く飛行することに成功した。記録では100mの高さまで上昇し200mを飛行したとされる。

1868年フランス海軍の援助を受け、最初の機体を軽量化して重量分布を調整できるようにした2番目の機体を製作し、ブレストで3度飛行を試みたが、結果は良くなかった。1868年の写真が残されており、航空機の写真としては最古のものである。1857年に翼の迎え角を変える発明特許を得た。

関連項目[編集]