プルラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プルラン
プルラン
分子式 [(C6H10O5)n]m
CAS登録番号 [9057-02-7]
形状 無色固体

プルラン(pullulan) は、グルコースのみからなる多糖類の一種で、グルコース3分子がα1-4結合したマルトトリオースがα1-6結合で繋がった構造を持つ。すなわち、結合はα1-4、α1-4、α1-6という並びの繰り返しである。CAS登録番号は9057-02-7。1939年、Bauerらにより黒色酵母Aureobasidium pullulansの培地から抽出され命名された。加水分解酵素によって、マルトトリオースまたはパノースなどに分解される。

構造[編集]

グルコース3分子がα1-4結合したマルトトリオースがα1-6結合で繋がった構造を持つ多糖類。

物理的・化学的性質[編集]

  • 水溶性に優れ、速やかに水に溶解する。
  • 増粘性、接着性、付着性、粘着性、造膜性、被膜性などに優れ、でんぷんから作られるので可食性である。

上記の性質から、一定の水を加えて加熱成型を行うと、可食水溶性の成型物(フィルムやカプセルなど)を作ることができる。

安全性[編集]

  • 急性毒性、亜急性毒性、慢性毒性、変異原性の各試験において安全性が確認されており、日本では澱粉同様、使用制限のない添加物として扱われている。
  • 食品 - 既存添加物名簿収載品目リスト(別添一)に収載。
  • 医薬品 - 医薬品添加物規格1993に収載。2006年には、第15改正日本薬局方(JP15)に収載。
  • 化粧品 - 化粧品原料基準外成分規格1993に収載。
  • 国外 - アメリカ/GRAS(NO.GRN000099)、韓国・台湾/食品添加物

生産・製法[編集]

1973年(昭和48年)、世界で初めて岡山県の企業「林原」が、でんぷんを原料とし、黒酵母の一種であるAureobasidium pullulansを培養して得る方法で工業化に成功し、1976年に製造工場を竣工し、販売開始。製品としてのプルランは、無味無臭の中性の白色粉末。 また、林原では粉末品以外に、プルランに各種の成分を練りこんだフィルム製品の生産も行っており、厚さや溶解速度の調整も可能。

利用法[編集]

  • 水溶性で保水力に富み、食品化粧品医薬品などに利用される。
  • 無味で皮膜性、造膜性に優れているため、天然由来のフィルムやカプセルとして使われている。
  • 2006年には第15改正日本薬局方(JP15)に収載され、医療用にも用いることができるようになった。

プルランの様々な性質を利用して、以下のような用途にも用いられる。

外部リンク[編集]