プリンセスケーキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プリンセスケーキ
PrincessCake.jpg
緑色の小さなプリンセスケーキ
発祥
別名 プリンセストルタ, グロントルタ
発祥地 スウェーデン
考案者 Jenny Åkerström
料理詳細
主な材料 スポンジケーキ, ホイップクリーム, ペイストリークリーム, マルチパン, 粉砂糖
ホームメイドのプリンセスケーキ

プリンセスケーキ(英語:Princess Cakeスウェーデン語:Prinsesstårta)は、ふわふわしたスポンジケーキ,ペイストリークリーム,そして厚いドーム状のホイップクリームの層が交互からなる伝統的なスウェーデンケーキである。てっぺんにマルチパンを付けて、ケーキをなめらかに丸く見せるようにしている。プリンセスケーキのオリジナルレシピには、一般に信じられている物とは裏腹に、ラズベリージャムを含んでいなかった。もしラズベリージャムを含んでいたら、プリンセスケーキは伝統的にオペラケーキであると見なされ、ピンク色のマルチパンで覆われていたであろう(フランスのケーキである、コーヒー味のオペラケーキと混同しないように);[1] 最上層のマルチパンは通常緑色であり、粉砂糖をまぶして、しばしばピンクのバラのマルチパンで装飾されている。オリジナルレシピは、1930年代カール王子の娘の教師だったJenny Åkerströmによって著された『Prinsessornas Kokbok』という料理本に初めて登場した。このケーキは当初、グロントルタ(緑色のケーキ)と呼ばれていたが、後にプリンセストルタ(プリンセスケーキ)と呼ばれるようになった。これは、スウェーデン王女達(カール王子の3人の娘)が特にこのケーキを好んだからだと言われている[2]

バリエーション[編集]

マルチパンには緑色以外にも様々な色の物があるが、これらのケーキは総じてプリンストルタ(プリンスケーキ)と呼ばれる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Royal Dilemma: Why is the Princess Cake Green?” (2008年11月12日). 2013年12月19日閲覧。
  2. ^ Traditionsenlig tårtfrossa - Prinsessyra bäddar för prinsesstårtans vecka”. Cisionwire (2009年9月17日). 2013年12月19日閲覧。