マルガレータ・アヴ・スヴェーリエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルガレータ王女

マルガレータ・ソフィア・ロヴィーサ・インゲボリ・アヴ・スヴェーリエMargaretha Sofia Lovisa Ingeborg av Sverige, 1899年6月25日 ストックホルム - 1977年1月4日 ゲントフテデンマーク)は、スウェーデンの王族、スウェーデン王女(Prinsessan av Sverige)。オスカル2世の孫娘。デンマーク王子アクセルに嫁いだ。

ヴェステルイェートランド公カールと、デンマーク王フレゼリク8世の娘インゲボーの間の長女として生まれた。妹にはノルウェー王太子オーラヴ(オーラヴ5世)に嫁いだマッタ、ベルギー王レオポルド3世に嫁いだアストリッドがいる。

1919年5月22日にストックホルムにおいて、母の従弟にあたるデンマークのアクセル王子と結婚した。夫婦仲は非常に睦まじかったという。妹のノルウェー王太子妃マッタが1954年に他界すると、マルガレータは妹の子供たちを支え、よく面倒を見た。1964年に夫と死別した後は、しばしば母国スウェーデンに滞在し、スウェーデン王室の一員として様々な式典や行事に参加していた。

子女[編集]

夫のアクセル王子との間に2人の息子をもうけた。