ブッカ2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブッカ2世(Bukka II, 生年不詳 - 1406年以降)は、南インドヴィジャヤナガル王国サンガマ朝の君主(在位:1405年 - 1406 年)。

生涯[編集]

1405年、兄ヴィルーパークシャ1世が息子らに殺害されたことにより、ブッカ2世がその有為を継承することになった。

ブッカ2世はおよそ2年間王国を統治したが、1406年に弟のデーヴァ・ラーヤ1世に王位を追われた。

参考文献[編集]

  • 辛島昇 『新版 世界各国史7 南アジア史』 山川出版社、2004年 
  • Dr. Suryanath U. Kamat, Concise history of Karnataka, MCC, Bangalore, 2001 (Reprinted 2002)

関連項目[編集]