プラウダ・ラーヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プラウダ・ラーヤカンナダ語:ಪ್ರೌಡ ರಾಯ, テルグ語:తిమ్మ భూపాలుడు, タミル語:பிரௌத ராயன், Praudha Raya, 生年不詳 - 1486年以降)は、南インドヴィジャヤナガル王国サンガマ朝の君主(在位:1485年 - 1486年)。プラウダ・デーヴァ・ラーヤ(Praudha Deva Raya)とも呼ばれる。

生涯[編集]

1485年、プラウダ・ラーヤは父王ヴィルーパークシャ2世を殺害し、その王座を確保したが、そののち騒動が続くこととなった。

しかし、バフマニー朝ガジャパティ朝との名声を得ていた強力な臣下サールヴァ・ナラシンハは、これを機に王位を簒奪することにし、部下のトゥルヴァ・ナラサー・ナーヤカを首都ヴィジャヤナガルに送った。

1486年、プラウダ・ラーヤは首都ヴィジャヤナガルから逃亡し、サールヴァ・ナラシンハは新たな王に推挙され、サールヴァ朝を創始し、ここにサンガマ朝は滅亡した。

参考文献[編集]

    • 辛島昇 『新版 世界各国史7 南アジア史』 山川出版社、2004年 
  • Dr. Suryanath U. Kamat, Concise history of Karnataka, MCC, Bangalore, 2001 (Reprinted 2002)
  • Durga Prasad, History Andhras up to 1565 A. D., 1988, P.G. Publishers, Don Bosco School Press, Guntur

関連項目[編集]