ヴィルーパークシャ2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィルーパークシャ2世英語:Virupaksha II, ? - 1485年)は、南インドヴィジャヤナガル王国サンガマ朝の君主(在位:1465年 - 1485 年)。

生涯[編集]

1465年、叔父デーヴァ・ラーヤ3世の死により、ヴィルーパークシャ2世がその有為を継承した。

その治世、チャンドラギリの長官だったサールヴァ・ナラシンハバフマニー朝ガジャパティ朝を相手に奮戦し、その侵攻を食い止めていた。

1485年、ヴィルーパークシャ2世は息子のプラウダ・ラーヤに殺害された。

参考文献[編集]

  • 辛島昇編 『新版 世界各国史7 南アジア史』 山川出版社、2004年
  • Dr. Suryanath U. Kamat, Concise history of Karnataka, MCC, Bangalore, 2001 (Reprinted 2002)