ティルマラ・デーヴァ・ラーヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ティルマラ・デーヴァ・ラーヤテルグ語:తిరుమల దేవ రాయలు, タミル語:திருமலை தேவ ராயன், 英語:Tirumala Deva Raya, 1485年以降 - 1578年)は、南インドヴィジャヤナガル王国アーラヴィードゥ朝の君主(在位:1569年 - 1572年)。第4王朝アーラヴィードゥ朝の創始者でもある。

生涯[編集]

1542年、ヴィジャヤナガル王アチュタ・デーヴァ・ラーヤが死亡したのち、兄ラーマ・ラーヤとともにその甥サダーシヴァ・ラーヤを擁し、アチュタ・デーヴァ・ラーヤの息子ヴェンカタ1世を擁するサラカラージュ・チンナ・ティルマラ に対抗した。

1543年までにラーマ・ラーヤは王国の摂政として権力を握り、ティルマラ・デーヴァ・ラーヤは弟のヴェンカタードリ・ラーヤとともにその補佐にあたった。

1565年1月、ラーマ・ラーヤとヴェンカタードリ・ラーヤがデカン・スルターン朝連合軍との戦い(ターリコータの戦い)で殺害されると、ティルマラ・デーヴァ・ラーヤはヴィジャヤナガルへと逃げた。そののち、1500頭の象の上に載せた国庫の財宝とともにサダーシヴァ・ラーヤを連れて逃げ、ヴィジャヤナガルの南東100数十kmのペヌコンダを首都として統治を続けた。

1569年、ティルマラ・デーヴァ・ラーヤはサダーシヴァ・ラーヤから王位を簒奪し、アーラヴィードゥ朝を創始した。

ティルマラ・デーヴァ・ラーヤはヴィジャヤナガル王国を3つの領域に分け、3人の息子シュリーランガラーマヴェンカタをペヌコンダ、シュリーランガパッタナチャンドラギリにそれぞれ配し、アーンドラ地方カルナータカ地方タミル地方の統治に当たらせ、王国の領土を維持した。

1572年、ティルマラ・デーヴァ・ラーヤはあまりにも老齢になったことを理由に、息子シュリーランガ1世に王位を譲って退位し、隠居することとなった。兄ラーマ・ラーヤがターリコータで戦死した際に80歳であったことから、彼もかなりの高齢であったと考えられる。

ティルマラ・デーヴァ・ラーヤは退位後、ヒンドゥー教に帰依した余生を送り、1578年に死亡している。4年後にはシュリーランガ1世も死亡し、弟のヴェンカタ2世が王位を継承した。

参考文献[編集]

  • 辛島昇編 『新版 世界各国史7 南アジア史』 山川出版社、2004年
  • 辛島昇編 『世界歴史大系 南アジア史3―南インド―』 山川出版社、2007年

関連文献[編集]

  • Dr. Suryanath U. Kamat, Concise History of Karnataka, 2001, MCC, Bangalore (Reprinted 2002)

関連項目[編集]