ブッカ3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブッカ3世(Bukka III, 生年不詳 - 1424年)は、南インドヴィジャヤナガル王国サンガマ朝の君主(在位:1422年 - 1424年 )。ヴィーラ・ヴィジャヤ・ブッカ(Veera Vijaya Bukka)とも呼ばれる。

生涯[編集]

1422年に父王デーヴァ・ラーヤ1世の死後、王位を継承したラーマチャンドラ・ラーヤがすぐに死亡したため、その弟であるブッカ3世が息子デーヴァ・ラーヤ2世と共同統治をとることとなった。

1424年、ブッカ3世は死亡し、息子のデーヴァ・ラーヤ2世の単独統治となった。ただ、イタリア人旅行家ヌーネスはブッカ3世の治世は6年続いたとも記している。

参考文献[編集]

  • 辛島昇 『新版 世界各国史7 南アジア史』 山川出版社、2004年 
  • Dr. Suryanath U. Kamat, Concise history of Karnataka, MCC, Bangalore, 2001 (Reprinted 2002)

関連項目[編集]