ハリハラ2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハリハラ2世英語:Harihara II, 生年不詳 - 1404年)は、南インドヴィジャヤナガル王国サンガマ朝の君主(在位:1377年 - 1404 年)。ハッカ2世とも呼ばれる。

生涯[編集]

1377年、父王ブッカ1世が死亡したことにより、ハリハラ2世がその王位を継承した。

ハリハラ2世の治世には、1378年マドゥライ・スルターン朝を併合し、レッディ王国の支配するアーンドラ地方の大部分を領土に加え、さらなる領土の拡大に成功している。

1398年にはバフマニー朝を攻め、クリシュナ川およびゴーダーヴァリ川両下流域の大部分を併合したものの、それ以上北方へ進出できなかった。

しかし、バフマニー朝からマラバール海岸地方のゴアを奪うことに成功し、またセイロンスリランカ)北方にも遠征軍を送っている。

1404年にハリハラ2世が死ぬと、三人の息子が王位をめぐって争うことなり、1406年デーヴァ・ラーヤ1世がその王位を確保した。

参考文献[編集]

  • 辛島昇編 『新版 世界各国史7 南アジア史』 山川出版社、2004年
  • Dr. Suryanath U. Kamat, Concise history of Karnataka, MCC, Bangalore, 2001 (Reprinted 2002)

関連項目[編集]