シュリーランガ2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シュリーランガ2世テルグ語:శ్రీరంగ, タミル語:ஸ்ரீரங்க, 英語:Sriranga II, ? - 1614年)は、南インドヴィジャヤナガル王国アーラヴィードゥ朝の君主(在位:1614 年)。本名はシュリーランガ・チッカ・ラーヤ(Sriranga Chikka Raya)という。

生涯[編集]

ティルマラ・デーヴァ・ラーヤの息子ラーマを父として生まれた。

1614年、ヴィジャヤナガル王ヴェンカタ2世は死に際して、甥であるシュリーランガを次王に指名した。

同年10月、ヴェンカタ2世は死亡し、シュリーランガがシュリーランガ2世として即位した。彼はタンジャーヴール・ナーヤカ朝ラグナータ・ナーヤカテルグの戦士層であるヴェールゴーティ家に支持されていた。

しかし、ヴェンカタ2世の落胤であるジャッガ・ラーヤは王位を主張して、ゴッブーリ家の支持で反乱を起こし、シュリーランガ2世とその家族は殺害された。このとき難を免れたのは息子のラーマ・デーヴァ・ラーヤと弟のティンマ・ラーヤだけであった。

参考文献[編集]

  • 辛島昇編 『新版 世界各国史7 南アジア史』 山川出版社、2004年
  • 辛島昇編 『世界歴史大系 南アジア史3―南インド―』 山川出版社、2007年
  • S・スブラフマニヤム著、三田昌彦・太田信宏訳 『接続された歴史 インドとヨーロッパ』 名古屋大学出版会、2009年

関連文献[編集]

  • Velcheru Narayana Rao, and David Shulman, Sanjay Subrahmanyam. Symbols of substance : court and state in Nayaka period Tamilnadu (Delhi ; Oxford : Oxford University Press, 1998) ; xix, 349 p., [16] p. of plates : ill., maps ; 22 cm. ; Oxford India paperbacks ; Includes bibliographical references and index ; ISBN 0-19-564399-2.
  • Sathianathaier, R. History of the Nayaks of Madura [microform] by R. Sathyanatha Aiyar ; edited for the University, with introduction and notes by S. Krishnaswami Aiyangar ([Madras] : Oxford University Press, 1924) ; see also ([London] : H. Milford, Oxford university press, 1924) ; xvi, 403 p. ; 21 cm. ; SAMP early 20th-century Indian books project item 10819.
  • K.A. Nilakanta Sastry, History of South India, From Prehistoric times to fall of Vijayanagar, 1955, OUP, (Reprinted 2002) ISBN 0-19-560686-8.