フレンチ・ルイジアナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フレンチ・ルイジアナ(French Louisiana)という用語は、二つの異なる地域を指す。ひとつは、フランスによって支配された大規模な北アメリカの中央部から成る、植民地としての「フレンチ・ルイジアナ(フランス領ルイジアナ)」である。もうひとつは、現在のルイジアナ州の南端に沿って伸びる、現代の「フレンチ・ルイジアナ(フランスの影響が濃いルイジアナ)」である。

植民地のフレンチ・ルイジアナ[編集]

1682年の初め、フランス語で「ラ・ルイジアーヌ」(La Louisiane)として知られたこの地域は、ニューフランスの管轄地域として機能した。それはメキシコ湾から現在のカナダ国境まで広がった。1763年、フランスはこの地域をスペインに割譲し、1800年に再び取り戻し、1803年にルイジアナ買収を通じて米国に売った。

現代のフレンチ・ルイジアナ[編集]

大ニューオーリンズ(New Orleans metropolitan area)と、アケイディアナとして知られる22の郡が、今日の「フレンチ・ルイジアナ」を構成する。ケイジャンクレオール文化は、ルイジアナ州南部の文化的勢力で優位を占めているが、この地域の他の重要な民族集団には、アフリカ系アメリカ人ネイティヴ・アメリカンイスレーニョ(isleño)、ジャーマン・コーストの居住者、そしてベトナム人やラオス人、増大するヒスパニックなどの様々な移民の集団を含む。さらに、アレクサンドリアバトンルージュのような、地域に隣接した都市でも「フレンチ・ルイジアナ」の影響が見られる。