フレッド・ハリディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フレッド・ハリディ(Fred(Frederick) Halliday, 1946年2月22日 - 2010年4月26日)は、イギリスの国際政治学者。専攻は、国際関係論中東研究。

ダブリンで生まれ。1967年、オックスフォード大学クイーンズ・カレッジ卒業。ロンドン大学東洋アフリカ研究学院で学ぶ。1969年から1983年まで『ニューレフトレビュー』の編集に携わったのち、1983年からロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)の国際関係論教授。2008年からはバルセロナ国際問題研究所の教授。

彼の兄弟であるジョン・ハリディもまた歴史学者である[1]


著書[編集]

単著[編集]

  • Arabia without Sultans, (Penguin, 1974).
岩永博菊地弘伏見楚代子訳『現代アラビア――石油王国とその周辺』(法政大学出版局, 1978年)
  • Iran, Dictatorship and Development, (Penguin, 1979).
岩永博ほか訳『イラン――独裁と経済発展』(法政大学出版局, 1980年)
  • Threat From the East? Soviet Policy from Afghanistan and Iran to the Horn of Africa, (Penguin, 1982).
北村文夫訳『危機の三日月地帯――ソ連脅威論の検証』(新評論, 1983年)
  • The Making of the Second Cold War, (Verso, 1983, 2nd ed., 1986).
菊井禮次訳『現代国際政治の展開――第二次冷戦の史的背景』(ミネルヴァ書房, 1986年)
  • From Kabul to Managua: Soviet-American Relations in the 1980s, (Pantheon Books, 1989).
滝沢海南子訳『カブールからマナグアまで――第三世界をめぐる米ソの角逐』(新評論, 1991年)
  • Cold War, Third World: An Essay on Soviet-US Relations, (Hutchinson Radius, 1989).
  • Rethinking International Relations, (Macmillan, 1994).
菊井禮次訳『国際関係論再考――新たなパラダイム構築をめざして』(ミネルヴァ書房, 1997年)
  • Islam and the Myth of Confrontation: Religion and Politics in the Middle East, (Tauris, 1996).
  • Revolution and World Politics: the Rise and Fall of the Sixth Great Power, (Macmillan, 1999).
  • Nation and Religion in the Middle East, (Lynne Rienner, 2000).
  • The World at 2000: Perils and Promises, (Palgrave, 2001).
  • Two Hours that Shook the World: September 11, 2001: Causes and Consequences, (Saqi, 2002).
  • Revolution and Foreign Policy: the Case of South Yemen, (Cambridge University Press, 2002).
  • The Middle East in International Relations: Power, Politics and Ideology, (Cambridge University Press, 2002).
  • 100 Myths about the Middle East, (Saqi Books, 2005).

共編著[編集]

  • State and Ideology in the Middle East and Pakistan, co-edited with Hamza Alavi, (Macmillan, 1988).

脚注[編集]

  1. ^ [ http://www.opendemocracy.net/globalization/cold_war_2753.jsp A harvest of sorrow