フリードリヒ・ヴィルヘルム・ツー・メクレンブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メクレンブルク公フリードリヒ・ヴィルヘルム
キールのフリードリヒ・ヴィルヘルム記念像

フリードリヒ・ヴィルヘルム・アドルフ・ギュンター・ツー・メクレンブルクFriedrich Wilhelm Adolf Günther Herzog zu Mecklenburg [-Schwerin], 1871年4月5日 シュヴェリーン - 1897年9月22日 エルベ川河口部、クスハーフェン近郊)は、ドイツの諸侯家門メクレンブルク家の一員で、ドイツ帝国の海軍軍人。

生涯[編集]

メクレンブルク=シュヴェリーン大公フリードリヒ・フランツ2世とその3番目の妻であるシュヴァルツブルク=ルードルシュタット侯女マリーの間の第2子、長男として生まれた。父にとっては6番目の息子である。海軍軍人としての道を歩むことを期待され、ドレスデンのヴィツトゥム中等教育学校(Vitzthum-Gymnasium Dresden)に通った後、1888年に海軍士官学校生となった。

海軍少尉(Leutnant zur See)に任官した後、S-26型ボート魚雷艇の乗組員となった。このボートは1897年9月22日朝の嵐の際、クスハーフェン港で停泊中に転覆事故を起こし、フリードリヒ・ヴィルヘルムは他の6人の乗組員たちとともに事故の犠牲者となった。

同じ1897年4月に腹違いの長兄であるフリードリヒ・フランツ3世大公が謎の死を遂げており、そのわずか半年後の事故だったこともあって、フリードリヒ・ヴィルヘルムの早世は深く悼まれた。キールでは、当時の海軍駐屯地だったパウルス教会(Pauluskirche am Niemannsweg)にメクレンブルク出身の彫刻家ルートヴィヒ・ブルノーLudwig Brunow)の手になるフリードリヒ・ヴィルヘルムの記念碑が設置された。

また実家のメクレンブルクでも、1899年にシュヴェリーン湖の畔にあるレピン城址(Reppiner Burg)の中に、迷子石を彫って造られたフリードリヒ・ヴィルヘルムの記念碑が置かれた。1907年、公共団体がレピン城址を整備して城跡公園を完成させた時、この公園には「ある未完の生涯に捧げられた、未完の城塞(eine unvollendete Burg für ein unvollendetes Leben)」という標語が掲げられた。

参考文献[編集]

  • Hans von Dambrowski: Herzog Friedrich Wilhelm zu Mecklenburg: Lebensbild eines deutschen Seeoffiziers. Berlin: Paetel 1898
  • Klaus-Ulrich Keubke, Ralf Mumm: Seemannstod eines Mecklenburger Herzogs 1897: Beitrag zur Kultur- und Marinegeschichte. Schwerin: APH 1999 (Schriften des Ateliers für Porträt- und Historienmalerei; Bd. 3) ISBN 3000049118

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、フリードリヒ・ヴィルヘルム・ツー・メクレンブルクに関するカテゴリがあります。