フリードリヒ・フーケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリードリヒ・フーケ

フリードリヒ・ド・ラ・モット・フーケ(Friedrich de la Motte Fouqué, 1777年2月12日 - 1843年1月23日)は、ドイツの初期ロマン主義作家詩人。フーケは男爵としての家名で、本名はフリードリヒ・ハインリヒ・カール・ド・ラ・モッテ (Friedrich Heinrich Karl de la Motte)。

プロイセン王国ブランデンブルクで、フランス人の父とドイツ人の母との間に生まれた。祖先はフランス北西のノルマンディー地方の古い貴族の家柄であり、1685年ナントの勅令廃止によりプロイセンへ亡命した。フーケの祖父はプロイセンの将軍となり、フリードリヒ2世と親友になり、フーケが誕生した時にはフリードリヒ2世が名付け親になったほどであった。なお、父方の家系にはノルウェー人の血も流れているという。

フーケは軍人になり、ラインラントへの遠征の途中で見初めた女性と結婚した。しかし、数年後には年上の貴族の未亡人で流行作家だったカロリーネ・フォン・ロホーと結婚するため、この妻とは離婚した。

フーケは軍人を辞めた後、作家に転身し、1811年に『ウンディーネ』を発表した。これは彼の代表作となり、後にドイツで長い間読み継がれることとなる。『ウンディーネ』には別れた最初の妻への想いが込められているため、実に美しくて悲しい物語になったと言われている。1813年に『魔法の指輪』、1814年に『ジントラムの道連れ』を発表した。1843年1月23日にベルリンで死去した。