フラワーデザイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フラワーデザイン (flower design, floral design、フラワーアレンジメントと呼ばれることもある) とはを用い、ある対象について、良い構成を工夫し、配置・配列編成すること。これらを業とする人をフラワーデザイナー(flower designer、フラワーアレンジャーと呼ばれることもある)と呼ぶ。花のみでなく植物の茎、葉、根などを用いることもある。デザイン(応用美術)の分野のひとつである。

花卉意匠フラワーデザイン)と花卉装飾フラワーデコレーション)とでは正確には意を異なるが、花卉装飾はフラワーデザインに含まれることがほとんどで、両者は密接な関係にあるといえる。また、園芸装飾についても同じことが言える。

2000年代に入る頃まで、殆どの英語圏においてフラワーデザインという言葉の意味は、新品種を育種・改良することを示す言葉として認知されており、日本以外の国では通じない和製英語であったが、近年ヨーロッパアジアにおいてもようやく理解されるようになってきている。

国内には代表的なフラワーデザイナーの組織として、文部科学省厚生労働省が認可する社団法人日本フラワーデザイナー協会 (NFD) が1967年に設立されている[1]。また、世界的なフラワーデザイナーの組織としてWAFA (World Association of Flower Arrangers) が1981年に設立され、3年ごとに世界大会が開催されている[2]

主要なフラワーデザイナー[編集]

日本[編集]

平成以降
昭和後期
昭和前期
明治・大正(黎明期)

海外[編集]

日本で活躍する主要な外国人デザイナー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ NFDとは 日本フラワーデザイナー協会公式サイト、2012年7月18日閲覧。
  2. ^ About WAFA WAFA公式サイト、2012年7月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]