河井道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

河井 道(かわい みち、1877年7月29日 - 1953年2月11日)は三重県宇治山田市(現伊勢市)出身の女性教育者。元日本YWCA同盟総幹事、恵泉女学園の創立者。世界恐慌から第二次世界大戦に到る中で平和主義を掲げ、戦後に昭和天皇への戦争犯罪訴追が回避された動きにも大きく関わった。

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『わたしのランターン』 (恵泉女学園・新教出版社 1968年)
  • 『スライディング・ドア』 (中村妙子訳、恵泉女学園、1995年)

関連書籍[編集]

  • 『河井道の生涯』 ― 光に歩んだ人 ―(木村恵子著 2002年 岩波書店)
  • 『陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ』(岡本嗣郎著 2002年 集英社)