フラワーチャイルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フラワーチャイルドもしくはフラワーチルドレン(: Flower child or Flower Children)は、1960-70年代のアメリカヒッピーのことで、ベトナム戦争を背景に、平和と愛の象徴として花で身体を飾っていたためにこう呼ばれた。『武器ではなく、花を』は、彼らの有名なスローガンである。

概要[編集]

1967年サマー・オブ・ラブで、特にサンフランシスコおよび近郊に集まったヒッピーの同義語として浸透した。フラワーチルドレンは、彼らが象徴とする花で、自分の身を着飾ったり花模様の服をきて、人々にも花を配ったことに由来する。メディアは、1960年代後半から1970年代にかけて、どんな種類のヒッピーでも広義でフラワーチルドレンと呼んだ。

詩人アレン・ギンズバーグが提唱した平和的抗議活動により、消極的抵抗と非暴力イデオロギーを用いて、ベトナム戦争反対の反戦運動などフラワーパワーと呼ばれた政治活動も行った。

現在では、自然を愛した平和主義者たちの総称。

その他[編集]

ネット上でも中国の暴力的な反日運動への対応として利用されようとしたことがある(参照)(4月16日)。

関連項目[編集]