フシチイシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フシチイシュ
Вщиж
座標 : 北緯53度25分12秒 東経33度49分48秒 / 北緯53.42000度 東経33.83000度 / 53.42000; 33.83000
歴史
年代記の初出 1142年
13世紀
旧名 シチイシュなど
行政
ロシアの旗 ロシア
 連邦管区 中央連邦管区
 行政区画 ブリャンスク州の旗 ブリャンスク州
 地区 ジューコフカ地区
 村落移住地 シャモルディノ
 村落 フシチイシュ
人口
人口 (2010年現在)
  村落域 26人
その他
等時帯 モスクワ時間 (UTC+4)
ナンバープレート 32
位置図
フシチイシュの位置(ヨーロッパロシア内)
フシチイシュ

フシチイシュ[1]ロシア語: Вщиж:フッシーシュ)は、ロシアブリャンスク州ジューコフカ地区 (ru) の村落 (село(ru)) である。またシャモルディノ村落移住地 (ru) [注 1]を構成している。デスナ川の右岸に位置し、人口は2010年の時点で26人。中世には都市 (город) だった。

歴史[編集]

中世の都市・フシチイシュ(シチイシュなどとも記されている)は、11世紀チェルニゴフ公国分領公国の首都としてその名が史料上に見られる。都市は現在の村域の西部に形成されていた。自然地理的にいえば、ストク川 (ru) の河口の、高く傾斜のあるデスナ川の川岸に面した地域である。

1238年の春のモンゴルのルーシ侵攻によってフシチイシュは徹底的に破壊され、都市は姿を消した。その後村落が再建され、現在に至っている。村としてのフシチイシュに関する記録は、1680年に、イヴァン・ヤコヴレフ・ジノヴィエフという名の下に出された勅令(グラーモタ (ru))の中に言及がある[2]

考古学の発掘調査[編集]

フシチイシュのデティネツに面する、中世の教会跡地に建てられた十字架

1840年代に、A. ウヴァロフ (ru) によって、村の中心にある「聖なる丘(クルガン)」[注 2]と呼ばれる遺跡の発掘調査が行われた。遺跡からは中世の教会施設の遺構が発見された。祭壇の近くで発見された人骨は、フシチイシュ公スヴャトスラフのものとみなされた[2]。また、「フシチイシュの[注 3]と呼ばれる遺構は、1238年春のフシチイシュ陥落の際の遺跡として注目される。炉は食器を焼く最終工程の際に押しつぶされており、未完成の食器が残されていた。ソビエト連邦考古学者B. ルィバコフ (ru) も、1940年、1948年 - 1949年に発掘調査を行っている[3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「村落移住地」は ロシア語: Сельское поселение の直訳による。詳しくは ru:Сельское поселение 参照。
  2. ^ 「聖なる丘」は ロシア語: Заветного кургана(生格)の直訳による。
  3. ^ 「フシチイシュの炉」は ロシア語: вщижский горн の直訳による。

出典[編集]

  1. ^ 大矢温「Ф. И. チュッチェフ政治詩試訳 (14) (PDF) 」 、『文化と言語―札幌大学外国語学部紀要』第77号、札幌大学2012年11月、 92頁、 ISSN 03891143NAID 110009526345
  2. ^ a b Вщиж // Энциклопедический словарь Брокгауза и Ефрона В 86 томах (82 т. и 4 доп.). — СПб., 1890—1907.
  3. ^ Вщиж // ソビエト大百科事典

参考文献[編集]

  • ブロックハウス・エフロン百科事典 1890-1907年
  • Поляновский С. В. Село Вщиж // СПб. ведомости. 1844. № 93—94;
  • Евсеев И. Е. Исследование городищ и курганов в бассейне верхнего (орловского) течения реки Оки // Труды предварительного комитета по устройству XIV археологического съезда. М., 1908. Вып. 2. С. 46—52;
  • Уваров А.С. Древний храм во Вщижском городище // Сборник мелких трудов. М., 1910. Т. 1. С. 386—388;
  • Рыбаков Б. А. Раскопки во Вщиже в 1948—1949. // Краткие сообщения о докладах и полевых исследованиях Института истории материальной культуры, в. 38, М. — Л., 1951. С. 34—40;
  • Рыбаков Б. А. Вщиж — удельный город XII в. — Там же, в. 41, М., 1951. С. 58—60;
  • Рыбаков Б. А. Стольный город Чернигов и удельный город Вщиж. М., 1953
  • По следам древних культур. Древняя Русь, М., 1953.
  • Афанасьев К. Н. Построение архитектурной формы древнерусскими зодчими. М., 1961. С. 119—120;
  • Вщиж. // Советская историческая энциклопедия. М., 1963. — Т. 3. — Ст. 904.
  • Свод памятников архитектуры и монументального искусства России: Брянская область. М., 1998. С. 9, 230—232.
  • Населённые пункты Брянского края. Энциклопедический словарь. — Изд. 2-е, дополненное и исправленное. — Брянск: Десяточка, 2012. — С. 75-76.

外部リンク[編集]