フォルクスワーゲン・W12ナルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フォルクスワーゲン・W12は、ドイツ自動車メーカー、フォルクスワーゲン1997年から2001年にかけて発表したコンセプトカーであった。

ボディはジョルジェット・ジウジアーロイタルデザインによるもの。プロトタイプレーシングカーのようなデザインで、ガルウイングドアが装備される。

1997 W12 シンクロ[編集]

1997年の東京モーターショーで発表された。W型12気筒5600ccで、シンクロ四輪駆動システムを備えていた。

1998 W12 ロードスター[編集]

1998年のジュネーブ・モーターショーで発表されたモデル。やはりW型12気筒5600ccエンジンを搭載していたが、これを後輪駆動としていた。

2001コンセプト[編集]

W12 ナルドとして知られる2001年の第35回東京モーターショーで発表された。 「D1」と呼ばれるエンジンはW型12気筒5998ccで、600ps/7000rpm、63.27kgm/5800rpmを発揮し、これをミッドシップに搭載する。 モーターショーの直前、イタリアナルド・サーキットにて高速耐久テストを行い、24時間平均時速322.89km/hなど、6つの世界新記録、12のクラス新記録を打ち立てた。最高速度は350km/hに達する。


市販化はされていないが、後に販売されたフェートンにD1エンジンが受け継がれた。