フォカッチャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
切ったフォカッチャ
フォカッチャの断面
切る前のフォカッチャ

フォカッチャ(Focaccia)とはイタリア料理の平たいパンである。

解説[編集]

オリーブオイルハーブで味をつけ、そのまま食するか、ハムや野菜チーズをはさんでサンドイッチとして食べられる事も多くある。前菜の更に前に出されるおつまみとして、また、料理のつけあわせや、パンと一緒に出されることもある。イタリアプーリアリグリア地方のものが特に有名で、所によっては家族のお祝いごとに普段料理をしない父親が作って提供する習わしがある。

強力粉、食物油、イースト菌などを原料とした生地を麺棒か手で厚く押し延ばし、石窯で焼き上げる。完全に焼きあがる前のパン生地の表面の一部が膨らんで泡状になってしまうこともあるので、その場合はナイフなどで空気を抜く。

日本でも各種のカジュアルレストランやパン店などでよく見かけるようになってきているが、なかにはオリーブ油以外の油脂や砂糖、乳製品、各種添加物などを用い、本場とはやや異なる風味になっているようなものもある。

なお、いわゆるファミリーレストランではガストサイゼリヤココスなどで類似の商品を提供しているが、サイゼリヤでは「フォッカチオ」と呼んでいる。

関連項目[編集]