フェリックス・スタンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェリックス・スタンプ
Felix Budwell Stump
生誕 1894年12月15日
ウェストバージニア州パーカーズバーグ
死没 1972年6月13日
ベセスダ海軍病院
所属組織 United States Department of the Navy Seal.svgアメリカ海軍
軍歴 1917-1958
最終階級 US-O10 insignia.svg海軍大将
テンプレートを表示

フェリックス・バドウェル・スタンプ (Felix Budwell Stump, 1894年12月15日 - 1972年6月13日) は、アメリカ合衆国軍人海軍大将。1953年7月10日から1958年7月31日まで太平洋艦隊司令官を務めた。

生い立ちおよび初期の経歴[編集]

スタンプはウェストバージニア州パーカーズバーグで生まれる。幼少期を同地で過ごし、1913年に海軍士官学校に入学した[1]

スタンプは第一次世界大戦の間、大西洋において砲艦ヨークタウン (USS Yorktown, PG-1) および巡洋艦シンシナティ (USS Cincinnati, C-7) で航海手として従軍した。戦後は戦艦アラバマ (USS Alabama, BB-8) で勤務し、その後まもなくマサチューセッツ工科大学で航空工学を学び、続いて1920年から21年までペンサコーラ海軍航空基地で飛行訓練を受ける。

1923年から25年まで彼は実験空母ラングレー (USS Langley, CV-1) の第2雷撃隊 (VT-2)「Doer Birds」に所属した。1928年から29年まで巡洋艦偵察航空団を指揮し、1930年から31年まで巡洋偵察艦隊司令部に所属した。スタンプは1936年から37年まで空母サラトガ (USS Saratoga, CV-3) の第2偵察爆撃戦隊 (VSB-2) を指揮し、1938年から39年まで空母レキシントン (USS Lexington, CV-2) の航海長を務めた。1940年に中佐に昇進、空母エンタープライズ (USS Enterprise, CV-6) の副長を務めた。

第二次世界大戦[編集]

開戦時スタンプはラングレー艦長としてフィリピンのマニラ湾にあった。1942年1月、彼はアジア艦隊司令部スタッフに異動し、陸軍の殊勲章 を受章した。

1943年、空母レキシントン (USS Lexington, CV-16) が就役すると、スタンプは初代艦長に着任した[2]

1944年、スタンプは少将に昇任、第52.11.2任務群及び第24空母部隊を指揮、護衛空母コレヒドール (USS Corregidor, CVE-58) に座乗しサイパン侵攻作戦に参加した。

サイパン戦役後も第24空母部隊を指揮したが、部隊は第77.4.2任務群(通称「タフィ2」)に配属された。10月のレイテ沖海戦およびサマール沖海戦ではナトマ・ベイ (USS Natoma Bay, CVE-62) に座乗し、これらの海戦における戦功で海軍十字章を授与された。ナトマ・ベイには1945年初頭まで座乗し、配下の兵はフィリピンで戦い続けた[3]

1945年5月、海軍航空技術訓練司令官に着任、1948年12月まで同職を務める。

戦後[編集]

1948年12月から51年までスタンプは大西洋艦隊海軍航空部隊司令官を務め、この期間に中将に昇進した。その後1951年3月から53年6月まで第2艦隊司令官を務める[4]

1953年7月10日から1958年1月14日までにスタンプは正式な大将に昇進し、8月1日付の退役日まで太平洋艦隊司令官を務めた。退役後、彼はペンシルベニア州ヴァリー・フォージのフリーダム財団の副議長及び最高責任者を務めた。

スタンプは1972年、癌のためベセスダ海軍病院で死去した[5]スプルーアンス級駆逐艦スタンプ (USS Stump, DD-978) は彼の功績を記念して命名された。

参照[編集]

  1. ^ USS Stump (DD 978)”. Navy Buddies.com. 2007年8月6日閲覧。
  2. ^ Aboard Blue Ghost again”. Caller-Times. 2007年7月30日閲覧。
  3. ^ Task Unit 77.4.2 (Taffy II) Commander Carrier Division 24”. Bosamar.com. 2007年8月6日閲覧。
  4. ^ PREVIOUS COMMANDERS”. United States Navy. 2007年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月30日閲覧。
  5. ^ “Time Obituaries”. Time, Inc.. (1972年6月26日). http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,906118,00.html?iid=chix-sphere 2007年7月30日閲覧。 

参考文献[編集]

  • Cox, Robert Jon (2010). The Battle Off Samar: Taffy III at Leyte Gulf (5th Edition). Agogeebic Press, LLC. ISBN 0-9822390-4-1. 
  • Morison, Samuel E. (1958). History of United States Naval Operations in World War II, Leyte, June 1944 - January 1945, Volume XII. Edison, New Jersey: Castle Books. ISBN 0-7858-1313-6. 
  • Y'Blood, William T. (1987). The Little Giants: U.S. Escort Carriers Against Japan. Annapolis, Maryland: Naval Institute Press. ISBN 0870212753. 
  • Wukovits, John F. (1995). Devotion to Duty, A Biography of Admiral Clifton A. F. Sprague. Annapolis, Maryland: Naval Institute Press. ISBN 1557509441. 

外部リンク[編集]

軍職
先代:
アーサー・W・ラドフォード
太平洋艦隊司令官
1953 - 1958
次代:
モーリス・E・カーツ