フェアバンクス・モースH-24-66形ディーゼル機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FM H-24-66 トレインマスター
CPR 8909, a Canadian Locomotive Company H-24-66 Train Master.JPG
基本情報
動力方式 電気式ディーゼル
製造所 フェアバンクス・モース
製造日 1953年4月 - 1957年6月
総製造数 127両
主要諸元
軸配置(アメリカ式) C-C
軌間 1,435 mm
全長 66フィート(20.12 m)
総重量 375,000ポンド(170.1 t)
主動力 フェアバンクス・モース
38D-12型 1基
エンジン回転数 850 rpm
エンジン形式 対向ピストンディーゼル機関
ピストン行程 排気量:12.829立方インチ
(210.23 L)
発電機 直流発電
主電動機 直流モーター駆動
気筒 12気筒
気筒寸法 ボア 8.125インチ(206 mm)
ストローク 10インチ(254 mm)
最高速度 65 mph(105 km/h)
80mph(129 km/h)
出力 2400馬力(1,790 kW)
引張力 112,000重量ポンド(498.2 kN)
経歴

フェアバンクス・モース H-24-66は、フェアバンクス・モース(FM)とカナディアン・ロコモティブ・カンパニー(CLC)が1953年4月から1957年6月の間に127両を製造した電気式ディーゼル機関車である。トレイン・マスターの愛称で知られる。

詳細[編集]

本形式は、車軸配置C-C、6動軸のディーゼル機関車である。搭載するエンジンは2400馬力の12気筒2ストローク対向ピストン式ディーゼルエンジンであった。

成功したとは言い難いキャブ・ユニットコンソリデーテッド・ラインの後継車種として開発された。車体形状はフード・ユニットとされた。

1953年のリリース当時[1]、本形式はエンジンを1基搭載する機関車としては、もっとも出力の大きいもののひとつであった。牽引力、加速ともに他をしのぎ、フェアバンクス・モースは「史上もっとも使いやすい機関車」の触れ込みで売り込みを図った。いくつかの鉄道がその出力の大きさをアドバンテージを見て取ったが、対向ピストンエンジンのメンテナンスの難しさや電気機器の信頼性の低さ、冷却水の消費などにおいて不都合であると考えた鉄道もあった。それゆえに市場では不振であった。

1954年1月にはアメリカン・ロコモティブRSD-7形1958年7月にはGM-EMDSD24形がそれぞれ2400馬力の機関車として発売され、本形式の出力での優位はなくなり、もはや各鉄道会社にとっては本形式のメリットは見あたらなくなった。本形式も失敗に終わったフェアバンクス・モース製は、本形式を製造した最終年の1958年をもってアメリカにおける機関車市場から撤退した。1963年には輸出用機関車製造事業からも撤退し、のちに子会社化したCLCも1969年には撤退した。

バリエーション[編集]

車体には3つのバージョンがある。

フェーズ1a[編集]

吸気口のルーバーが、ロング・フードの上端に沿って配置されている。ラジエターのファンが離れている。

フェーズ1b[編集]

ロング・フード横のの手すりが、ランボードにそった形状をしている。少数である。

フェーズ2[編集]

吸気口のルーバーの数が減り、ルーバーの間隔が拡大した。ラジエターはメタルの帯板で仕切られていた。

保存車[編集]

1両のみが保存されている。右上写真のカナダ太平洋鉄道(CPR)の#8905がそれで、現在はケベック州セント・コンスタントにあるカナダ鉄道博物館を運営するカナダ鉄道協会の保有となっている。

新製時の所有者[編集]

フェアバンクス・モース製[編集]

鉄道 両数 ロード・ナンバー 備考
フェアバンクス・モース (デモ車) 4 TM-1 – TM-4 TM-1・TM-2はウォバッシュ鉄道 550–551に;
TM-3・TM-4はサザン・パシフィック鉄道 4800–4801/3020–3021に
カナディアン・ナショナル鉄道 1 3000
カナダ太平洋鉄道 1 8900
ニュー・ジャージー・セントラル鉄道 13 2401–2413
デラウェア・ラッカワナ・アンド・ウェスタン鉄道 12 850–861 のちエリー・ラッカワナ鉄道 1850–1861
ペンシルバニア鉄道 9 8699–8707 のちペン・セントラル鉄道 6700–6708
レディング鉄道 17 800–808, 860–867
サザン・パシフィック鉄道 14 4802–4815, 4800-4815 1965年、3022–3035に改番
サザン鉄道 (シンシナティ・ニュー・オーリーンズ・アンド・テキサス・パシフィック鉄道) 5 6300–6304
バージニアン鉄道 25 50–74 のちノーフォーク・アンド・ウェスタン鉄道 150–174
ウォバッシュ鉄道 6 552–554, 552A–554A   552–557に改番
合計 107    

CLC製[編集]

鉄道 両数 ロード・ナンバー 備考
カナダ太平洋鉄道 20 8901–8920  

脚注[編集]

  1. ^ 英語版wikipediaでは1951年-1956年に製造されたとなっているが、参考文献に従い1953年4月-1957年6月とした。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]