フィリップ・ウォーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリップ・ウォーカー
フィリップ・ウォーカー (2000)
フィリップ・ウォーカー (2000)
基本情報
出生名 Phillip Walker
出生 1937年2月11日
米国ルイジアナ州ウェルシュ
死没 2010年7月22日(満73歳没)
米国カリフォルニア州パームスプリングス
ジャンル ブルース
職業 歌手ギタリスト
担当楽器 ギター
ヴォーカル
活動期間 1953年2010年
レーベル ラウンダー
ハイトーン
ブラックトップ
デルタ・グルーヴ
公式サイト http://www.phillipwalker.com/

フィリップ・ウォーカーPhillip Walker, 1937年2月11日 - 2010年7月22日)は、米国ブルースギタリストシンガー1959年からカリフォルニア州ロサンゼルスを拠点に活動。テキサス・ブルースの流れを汲むスウィング感溢れるサウンドを基調としながら、幅広い音楽性を聴かせた。

来歴[編集]

1937年2月11日ルイジアナ州ウェルシュに生まれる。小作人の家庭の12人兄弟の7番目の子であった。8歳のとき、家族とともにテキサス州ポートアーサーに移住し、クラレンス"ゲイトマウス"ブラウンライトニン・ホプキンスらテキサスのギタリスト達の影響を受けながらギターの腕を磨く。

1953年にザディコの大御所、クリフトン・シェニエと出会い、彼のルイジアナ・レッド・ホット・バンドに加入した。シェニエとは、ツアー、レコーディングを行うなど数年間活動を共にする。また、他にもリトル・リチャードファッツ・ドミノエタ・ジェイムズら数多くのアーティストのバックでもプレイするようにもなった。

1959年、ウォーカーはロサンゼルスに移住し、エルコ・レーベルより"Hello My Darling"でデビューした。この曲は、彼の代表曲として知られるようになり、その後もウォーカーは何度かレコーディングをしている。60年代には、アイナ“ビー・ボップ”ビアトリスと出会い結婚。彼女とのデュオ、フィル・アンド・ビー・ボップとしても活動した。AMCなどのレーベルにソロ、デュオの双方でレコーディングを重ね、またエディー・テイラー、テディー・レイノルズらのサイドマンとしてのレコーディングも経験している。

しかしながら、彼がまとまった形の作品を作るようになるのは、70年代まで待たなければならない。60年代後半にプロデューサーのブルース・ブロムバーグと出会い、1973年に彼のプロデュースのもとでレコーディングされた「The Bottom of the Top」でアルバム・デビューを果たす。続いて1977年には、「Someday You'll Have These Blues」をリリースしている。

1979年、ハーモニカ・プレイヤーのジョージ・スミスとともに初来日。来日公演では、吾妻光良山岸潤史といった日本ギタリストとの共演もした。

80年代には、ラウンダーハイトーンといったレーベルから作品をリリース。90年代になると、オーティス・グランドとの共作「Big Blues from Texas」をイギリスのレーベル、JSPからリリースする。その後、ブラックトップと契約し、2枚の作品をリリースした。1作目「Working Girl Blues」 では、ザディコ調の曲も織り込み、ルイジアナ州出身らしい一面もみせた。

1997年には、パークタワー・ブルース・フェスティバル出演のため、2度目の来日。一方、1999年にはロニー・ブルックスロング・ジョン・ハンターと組み、ローンスター・シュートアウトの名義でアリゲーターからアルバムをリリースする。このメンバーでツアーも行った。

2002年のライヴ盤に続き、2007年にはスタジオ録音作としては実に9年ぶりとなる「Going Back Home」をデルタ・グルーヴ・プロダクションズからリリース。深みのあるサウンドで、健在ぶりを示した。

2010年7月22日米国カリフォルニア州パームスプリングスにて、心不全のため死去[1]。73歳没。

ディスコグラフィー[編集]

  • 1973年 「Bottom of the Top」 (Playboy)
  • 1977年 「Someday You'll Have These Blues」 (Joliet)
  • 1980年 「The Blues Show! Live at Pit Inn」 (ユピテル) (来日公演ライヴ。ジョージ・スミスとの共演)
  • 1982年 「From L.A. to L.A.」 (Rounder)
  • 1984年 「Tough As I Want to Be」 (Rounder)
  • 1988年 「Blues」 (Hightone)
  • 1994年 「Big Blues from Texas」 (JSP)
  • 1995年 「Working Girl Blues」 (Black Top)
  • 1998年 「I Got a Sweet Tooth」 (Black Top)
  • 2002年 「Live at Biscuits & Blues」 (M.C.)
  • 2007年 「Going Back Home」 (Delta Groove Productions)

脚註[編集]

外部リンク[編集]