クリフトン・シェニエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クリフトン・シェニエClifton Chenier , 1925年6月25日 - 1987年12月12日)は、アメリカ合衆国ルイジアナ州オペルーサス出身のザディコアーティストアコーディオンヴォーカル)。

略歴[編集]

ザディコ音楽の第一人者で、「キング・オブ・ザディコ」と称される。ルイジアナ州のトラディショナルなクレオールケイジャンなどのサウンドをブルース、ニューオーリンズR&Bなどと融合させることにより新たなサウンドを開拓した。1925年、ルイジアナ州の都市オペルーサスで生まれる。1954年にデビュー。スペシャルティアーフーリーなどのレーベルから作品を発表した。1983年にはアルバム「I'm Here」でグラミー賞を受賞。1984年には、ホワイトハウスでもプレイしている。1987年に亡くなったあと、彼のバンド、レッド・ホット・ルイジアナ・バンドは、息子のC.J.シェニエがリーダーを引き継いでおり、現在も活躍中。

代表作[編集]

  • 「Bogalusa Boogie」
  • 「I'm Here」