フィッシャーカメレオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィッシャーカメレオン
フィッシャーカメレオン
フィッシャーカメレオン Bradypodion fischeri
保全状況評価
ワシントン条約附属書II類
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : トカゲ亜目 Sauria
下目 : イグアナ下目 Iguania
: カメレオン科 Chamaeleonidae
亜科 : カメレオン亜科
Chameleoninae
: ハチノスカメレオン属
Bradypodion
: フィッシャーカメレオン
B. fischeri
学名
Bradypodion fischeri
(Reichenow, 1895)
和名
フィッシャーカメレオン
英名
Fischer's chameleon

フィッシャーカメレオンBradypodion fischeri)は、動物界脊索動物門爬虫綱有鱗目カメレオン科ハチノスカメレオン属に分類されるカメレオン。

分布[編集]

ケニアタンザニア

形態[編集]

最大全長36cm。メスよりもオスの方が大型になる。吻端に1対の角状の突起がある。

吻端の角はオスの方が大型になる。

  • B. f. fischeri

最大亜種。

亜種[編集]

  • Bradypodion fischeri fischeri (Reichenow, 1895) Giant Fischer's chameleon
  • Bradypodion fischeri multituberculatum Nieden, 1913 Western Fischer's chameleon
  • Bradypodion fischeri uluguruensis Loveridge, 1957 Uluguru Fischer's chameleon

生態[編集]

高地にある森林に生息する。

食性は動物食で、昆虫類節足動物、小型爬虫類等を食べる。

繁殖形態は卵生。繁殖期になるとオス同士は角を突き合わせて争う。1回に8-23個の卵を地中に産む。卵は20-23℃の環境において180日で孵化した記録がある。

人間との関係[編集]

ペットとして飼育されることもあり日本にも輸入されている。主に野生個体が流通するが、繁殖個体が流通することもある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 千石正一監修 長坂拓也編 『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、46頁。

外部リンク[編集]