ファン・パラシオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファン・パラシオス
基本情報
本名 ファン・ロマン・パラシオス・ペレス
通称 El Exterminador(殺戮者)
階級 ライトフライ級
国籍 ニカラグアの旗 ニカラグア
誕生日 1980年8月31日(34歳)
出身地 マナグア
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 34
勝ち 29
KO勝ち 22
敗け 3
引き分け 1
無効試合 1
テンプレートを表示

ファン・パラシオスJuan Palacios、男性、1980年8月31日 - )は、ニカラグアプロボクサーマナグア出身。元WBC世界ミニマム級暫定王者。元WBA世界ミニマム級暫定王者。攻撃的なアウトボクシングを軸に、ボディショットから左フックを武器としており、64%のKO率を示すようにKOする試合が多い。

来歴[編集]

1999年2月27日にプロデビュー戦に5回TKO勝利を収めた。その後3連勝とも1回KO勝ち。5戦目に空位のWBAフェデセントロミニマム級王座決定戦で初黒星を喫した。

2000年3月11日、ニカラグアミニマム級王座を6戦目に獲得。同年、2001年は無効試合があったものの6連勝となった。

2002年5月25日、空位のWBCラテンアメリカライトフライ級王座を獲得。

2002年10月19日、WBC世界ミニマム級王座戦で王者ホセ・アントニオ・アギーレメキシコ)に挑戦するが判定負け。

2003年から2007年にかけては12連勝を果たした。

2008年8月2日、プエルトリコで行われたWBC世界ミニマム級暫定王座決定戦にて3位オマール・ソト(プエルトリコ)と対戦、10回TKO勝利を収め、同王座を獲得した。

2008年11月7日、WBC総会(11月2日 - 8日)のイベントとして中国成都で9位三澤照夫帝拳)と暫定王座の初防衛戦を行い、7回TKO勝利を収めた。

2009年6月13日、メキシコシティで14位エリック・ラミレス(メキシコ)に10回TKO勝利を収めて暫定王座の2度目の防衛に成功した[1]

2009年11月27日、正規王者オーレイドン・シスサマーチャイタイ)と正規王者のホームで王座統一戦で対戦し、苦しめるも偶然のバッティングによる減点が響き、1人はドローで1点・2点差と僅差の判定負け。暫定王座は正規王座に吸収され消滅した[2]

2011年5月21日、メキシコにてWBA世界ミニマム級暫定王者サミー・グティエレス(メキシコ)と対戦し、最大4点差の大接戦になり3-0の判定で辛くも逃げ切り、WBCに続いて暫定王座を獲得しこの階級で2冠目を達成した[3]

2011年8月13日、メキシコアカプルコのコンベンションセンターにて、ファン・カルロス・レベコと対戦経験を持つ、大関一郎のリングネームで日本でデビューしたアルマンド・トーレス(メキシコ)と対戦。9回TKO勝ちを収めるも前日計量で体重オーバーが発覚し、王座剥奪された[4]

2012年5月26日、ニカラグアマナグアのポリデポルティーボ・エスパーニャでネリス・エスピノサ(ニカラグア)とノンタイトル8回戦を行い、1-1(75-77、79-73、76-76)の引分、ライトフライ級での初戦はドローとなった。

脚注[編集]

  1. ^ パラシオス、敵地で暫定V2 WBCミニマム級 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年6月14日
  2. ^ 次は黒木と?オーレードン王座統一-WBCミニマム級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年11月27日
  3. ^ パラシオス、敵地で戴冠 WBAミニマム級暫定 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年5月23日
  4. ^ パラシオス、大関一郎倒す 王座は空位に ボクシングニュース「Box-on!」 2011年8月14日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
オマール・ソト
WBC世界ミニマム級暫定王者

2008年8月2日 - 2009年11月27日

次暫定王者
王座統一戦により消滅
前暫定王者
サミー・グティエレス
WBA世界ミニマム級暫定王者

2011年5月21日 - 2011年8月12日(剥奪)

次暫定王者
剥奪により消滅