ファン・デ・フカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ファン・デ・フカ (Juan de Fuca, 1536年 - 1602年) は、ギリシア水先案内人

スペイン王フェリペ2世の下で、北米大陸北西岸(現在のカナダ西岸)を探検した。ファンデフカ海峡の発見者として知られるが、発見については異説もある。なお、海峡の命名は後世のことである。彼自身は、北米大陸の北を迂回して東アジアとヨーロッパを最短距離でつなぐ仮説上の海路「アニアン海峡」を発見したと称しており、後世まで議論を残した。

ファン・デ・フカ(実際の発音はフアン・デ・フーカに近い)はスペイン語名で、ギリシア語イオアンネス・フォカス (Ιωάννης Φωκάς, Ioánnis Fokás) の翻訳。本名はまた別で、アポストロス・ヴァレリアノス (Απόστολος Βαλεριάνος, Apóstolos Valeriános)。

関連項目[編集]