ピンデトッ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピンデトッ
Korean pancake-Bindaetteok-04.jpg
各種表記
ハングル 빈대떡, 녹두전, 녹두지짐
漢字 빈대떡, 綠豆煎, 綠豆지짐
発音 ピンデトッ, ノットゥジョン, ノットゥジジム
ローマ字 bindaetteok, nokdujeon, nokdu jijim
テンプレートを表示

ピンデトッ빈대떡)は、韓国おやきであるチヂミの一種である。磨り潰したリョクトウワケギキムチを混ぜ、フライパンで焼いて作られる。

歴史[編集]

ピンデトッ

ピンデトッは、ピンジャトッ(빙자떡)という名前で、1670年代に役人の妻・張桂香が書いた料理百科『飮食知味方 / 閨壼是議方』の中に初めて表れる。この料理は当初は、水に浸して磨り潰したリョクトウ、豚肉ワラビ、リョクトウモヤシハクサイのキムチを混ぜたものを油で焼いて作られた[1]。味付けには蜂蜜が使われた。ピンデトッはサンジョク(산적、散炙。肉の串焼き)や焼き肉を祭祀の膳に供えたり宴会に出すときに下に敷いてかさ上げし、余分な脂肪を吸いとらせるための台として作られ、家人はピンデトッに載った肉だけを食べ、いらなくなったピンデトッは貧しい人々に与えた[2][3]。そのため、この食べ物はピンデビョン(빈대병)と呼ばれるようになった。朝鮮語でピンデ(빈대)は南京虫を意味し、貧者のことをも指す。トッ(떡)はトック)の意である。

また、ピンジャビン(병자병, 餠子餠)が歳月とともにピンジャトッになり、そしてビンデトッと呼ばれるようになったともいわれる。『朝鮮常識』ではピンジャの語源は「餠飣」の中国音からきたとされる[4]

材料[編集]

  • リョクトウ(一晩水に浸す) 1/2カップ
  • 大きめの 1個
  • ハクサイのキムチ 1/4カップ
  • 温めたごま油 1/2さじ
  • 塩 1/4さじ[5]

牛肉を加えることもある。韓国のレストランでは、ワケギの微塵切りと唐辛子を加えた酢醤油を添えて供される。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Korean Food Series (5th Issue) http://www.pennfamily.org/KSS-USA/20050615-2440.htm
  2. ^ コネスト韓国料理・グルメガイド ピンデトッ
  3. ^ コリアテイスト ピンデトッのレシピ
  4. ^ http://100.empas.com/dicsearch/pentry.html?s=K&i=242464&v=46
  5. ^ Verdant San Francisco: Bindaetteok

外部リンク[編集]