チヂミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チヂミ
パジョン
各種表記
ハングル 전, 전유어, 전유화
부침개, 개지짐, 지짐개
漢字 煎, 煎油魚, 煎油花
부침개, 개지짐, 지짐개
発音 チョン、チョンユオ、チョンユファ
プッチムゲ、チジム、チジムゲ
ローマ字転写: jeon, jeonyueo, jeonyuhwa
buchimgae, jijim, jijimgae
テンプレートを表示

チヂミ찌짐)またはチジミは、韓国料理の一つである。チヂミの呼称は慶尚道で話される東南方言に由来するもので、韓国の標準語ではプッチムゲ부침개)またはジョン)とし、いずれも「平たく伸ばして焼いたもの」という意味である。特に朝鮮王朝の宮廷料理では「ジョンユファ、ジョンユオ」だと呼んだ。「찌짐」の標準的な翻字は「チジム」となるが、日本では「チヂミ」の表記が一般的である。「韓国お好み焼き」と呼ばれる場合もある。

地方によってさまざまなプッチムゲがあるが、日本で一般的に知られる「チヂミ」は薄く外側はパリっと、内側はもちっとした食感のものであり、タレにつけて食べる。日本では大抵の韓国料理店で食べることができるほか、食品スーパー等で「チヂミの粉」が売られており、なじみが深くなっている。

韓国では、雨の日になると「チヂミ」を食べるというのがあるが、それは、「チヂミ」を焼く音と雨の降る音が似ているため。


チヂミの作り方[編集]

小麦粉米粉に適当な具(タマネギニラニンジンネギ)などを混ぜ合わせ、タネを作る。これにキムチを加えると「キムチチヂミ」、イカカキホタテ貝柱などの海産物を入れると「海鮮チヂミ」になる。お好み焼きよりも水を多めに加え、やや緩めに作るのが薄く焼くコツである。

熱したフライパンに多めのサラダ油を引き、タネを流し入れ強火で揚げるように焼き、焦げ目が付いたら弱火で火を通す。仕上がり際にフライパンの肌にさらにごま油を垂らし、香りをつけるとなお香ばしくなる。

タレは醤油・ごま油・コチュジャン胡麻・刻みネギなどを好みで合わせて作る。

包丁で焼いたチヂミに切れ目を入れ、タレにつけて食べる。

チヂミとパジョン[編集]

日本ではよく、チヂミとパジョン(파전)が混同されることがあるが、パジョンとはプッチムゲ(慶尚道ではチジム)の一種であるジョン()のうち、ネギ(パ、)を使用したものである。「ジョン」にはこのほか、キムチを使用したキムチジョン(김치전)、ジャガイモを使用したカムジャジョン(감자전、カムジャ=甘藷は日本語ではサツマイモを指すが韓国語ではジャガイモを指す)、海産物を使用したヘムルジョン(해물전海物煎)などがある。 チヂミがよく使われるときは祭祀の時である。チヂミはその際に欠かせないものである。

脚注[編集]

外部リンク[編集]