ピバロニトリル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピバロニトリル
Pivalonitrile
{{{画像alt1}}}
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 630-18-2 チェック
PubChem 12416
ChemSpider 11909 チェック
EINECS 211-133-0
国連番号 1993
バイルシュタイン 1361449
特性
化学式 C5H9N
モル質量 83.13 g mol−1
外観 無色透明の液体[2]
密度 752 mg mL−1
融点

15℃(凝固点)[2]

沸点

105℃[2]

屈折率 (nD) 1.377
熱化学
標準生成熱 ΔfHo −39.9 kJ mol−1
標準燃焼熱 ΔcHo −3.2146–−3.2132 MJ mol−1
標準モルエントロピー So 232.00 J K−1 mol−1
標準定圧モル比熱, Cpo 179.37 J K−1 mol−1
危険性
GHSピクトグラム The flame pictogram in the Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals (GHS) The skull-and-crossbones pictogram in the Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals (GHS)
GHSシグナルワード DANGER
EU分類 強い可燃性 F 有毒 T
Rフレーズ R11, R23/24/25
Sフレーズ S16, S36/37/39, S45
引火点 21℃[2]
関連する物質
関連するアルカンニトリル
関連物質 DBNPA
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ピバロニトリル: Pivalonitrile)は、化学式(CH3)3CCN もしくは t-BuCNで表されるニトリルの一種。無色透明の液体で、溶剤や、錯体化学における配位子として使われる。ピバロニトリルのイソシアニド異性体はtert-ブチルイソシアニドである。

安全性[編集]

日本の消防法では危険物第4類第二石油類(非水溶性)、毒物及び劇物取締法では劇物に区分される[2]

脚注[編集]

  1. ^ Pivalonitrile - Compound Summary”. PubChem Compound. USA: National Center for Biotechnology Information (2005年3月26日). 2012年6月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e 製品安全データシート東京化成工業