プロパンニトリル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Propionitrile[1][2]
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 107-12-0 チェック
PubChem 7854
特性
化学式 C3H5N
モル質量 55.08 g/mol
外観 Clear liquid
密度 0.7918 g/cm3 at 20 °C
融点

-91.8 °C, 181 K, -133 °F

沸点

97.2 °C, 370 K, 207 °F

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

プロパンニトリル(Propanenitrile)は、C2H5CNの分子式を持つニトリルである。エーテル様の甘い匂いを持つ透明液体である。プロピオニトリルエチルシアニドとも言う。

製法[編集]

プロパンニトリルは、アクリロニトリル触媒下でのプロパンアミド脱水反応、または硫酸エチルシアン化カリウム蒸留によって製造される。

1979年、サウスカロライナ州ビューフォートの工場でニッケル触媒によるアクリロニトリルの還元によるプロパンニトリル製造中に爆発が起こった[3]。この場所は現在、サウスカロライナ州でスーパーファンドによる清掃が行われている2つの場所のうちの1つになっている[3]

毒性[編集]

プロパンニトリルは、加熱分解をしたり酸で処理すると有害になる。シアニドの代謝によって生成され、奇形性を発現する[4]

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ Merck Index, 11th Edition, 7839
  2. ^ CRC Handbook of Chemistry and Physics, 52nd Ed., p. D-153
  3. ^ a b First Five-Year Review Report for Kalama Specialty Chemicals, Beaufort, Beaufort County, South Carolina, United States Environmental Protection Agency
  4. ^ Willhite, Calvin C.; Ferm, Vergil H.; Smith, Roger P. (1981). “Teratogenic effects of aliphatic nitriles”. Teratology 23 (3): 317–323.